お役立ち記事
SugarCRM

よみ:しゅがー・しーあーるえむ



SugarCRMとは、顧客関係管理(CRM)ソフトウェア。SugarCRM社が開発し、著作権を有しているがオープンソースとして無償版を公開している。その一方、有償版を独自のライセンスで販売する。LAMP環境で動作することもあり、その利用勝手から世界中多くの企業で採用されている。
無償ながら、顧客管理や商談管理といった機能を中心に、マーケティング、帳票、サポート、グループウェア、ワークフローなど、多くの機能を利用することができる。
SugarCRMの特徴としては、顧客管理や営業支援だけでなく、TwitterやFacebookなどのソーシャルメディアとも連携し、顧客のコメントなどを活用したマーケティングにも役立てることができることにある。また、ブラックボックスになりやすい取引先からの問い合わせや、クレーム対応などのサポート情報も一元管理できる。そのため、組織として情報を効率的に共有することで、顧客満足度の向上や問題に対するリスクの軽減が図れる。なお、2014年4月をもって日本語のサポートコミュニティは終了している。

関連キーワード