NEWS

できるIBM i 温故知新編

IBM i 7.5発表からしばらくたち実業務がIBM i 7.5で稼働中のお客様も徐々に増えてきました。今回の連載ではIBM i 7.5での機能拡張・変更点を解説するとともに、一般的なユーザーシステムでの推奨設定値等についてもご紹介したいと思います。主旨としてIBM iユーザーでは世代交代が進んでおり、これまでのいわば第一世代の担当者間では常識とされてきたことを、第二世代の担当者に継承されることを願ってのこととなります。

できるIBM i 温故知新編

連載一覧 Serials

2023.11.07
【温故知新】第5回「Navigator for i でシステム稼働率監視とメッセージ監視をする」

2023.10.18
【温故知新】第4回「システム応答リストによるメッセージ監視とハンドリング」

メッセージ待ち行列によるメッセージ監視とハンドリングをシステム応答リストで行う方法についてご紹介するとともに、メッセージモニター機能をご紹介します。この方法はAS/400 V1から存在している機能でIBM i OSで最も基本的な使用方法の一つです。

2023.08.18
【温故知新】第3回「ジョブメッセージをQSYSOPR MSGQに連携させる」

ユーザーアプリケーションやシステムプログラムがキャッチした特定のイベントを、メッセージ待ち行列に送出して監視する方法についてご紹介します。IBM i OSのメッセージにはタイプという属性があり、メッセージによって監視可能/不可能が変わります。

2023.05.26
【温故知新】第2回「IBM i のログ・メッセージ」

IBM i のログ、メッセージなどユーザープログラムやシステムプログラムを実行した際に出力されるログについてご紹介し、 特に一般的に運用監視で用いられるログ・メッセージについて解説いたします。

2023.03.09
【温故知新】第1回「IBM i のシステム値とは」

IBM i 7.5発表からしばらくたち実業務がIBM i 7.5で稼働中のお客様も徐々に増えてきました。今回の連載ではIBM i 7.5での機能拡張・変更点を解説するとともに、一般的なユーザーシステムでの推奨設定値等についてもご紹介したいと思います。 今回はシステム値の概要、変更方法、主なシステム値をご紹介します。

PAGE TOP