Toolbox for JP1 | IBM i 総合情報サイト

Toolbox for JP1


ネオアクシス株式会社

働き方改革 組織の生産性向上
経営基盤強化・リスク対策 IT資産管理とインフラ強化、セキュリティー・情報漏洩対策
業務プロセス改革 業務効率化、コスト最適化、管理業務負荷の軽減・RPA
売上向上施策 ---
対応業種
クロスインダストリー
稼働環境
IBM i

詳細情報

概要

Toolbox for JP1は、HITACHI JP1ジョブ管理と連携し、IBM i 搭載のPower Systemsなどマルチプラットフォーム環境の各種システムの業務を自動化し、一元管理を実現するために、IBM i 搭載のPower Systems 側に導入する製品です。

特徴

運用業務を自動化し、運用担当者の負荷を軽減

JP1/AJS3は、国内導入実績No.1の国産ジョブスケジューラです。Toolbox for JP1は、IBM i(AS/400)上で、JP1/AJS3を使ったジョブの運用管理を可能にします。
使いやすいことで定評のあるJP1をIBM i(AS/400)を含むマルチプラットフォーム上で利用することにより、マルチプラットフォーム上でのジョブ連携、データ連携を一元的に管理できるので、マルチプラットフォーム全体での運用効率を飛躍的に高めます。

3ステップで、多様化する運用業務を自動化し、運用担当者の負荷を軽減します。

  • 定義:業務フローの可視化
  • 実行:ジョブの自動実行
  • 監視:業務の実行状況を把握

別々のシステムで行っていた処理を、1か所からの操作により、連続的に処理することが可能になります。例えば、日次処理、バックアップ、データ転送を連続して自動的に処理できます。

ベテランの運用担当者のナレッジの可視化・共有が可能

IBM i(AS/400)中心のベテラン運用担当者のナレッジを、Windows、UNIXなどのオープン系中心の若手・中堅の運用担当者に共有し、承継することが可能になります。

システム運用に関するナレッジマネージメントとは、経験の比較的浅い運用担当者にも、運用・監視の技術を伝承することで、誰にでも使いこなせる運用の仕組みを確立することです。

ベテラン運用担当者の能力とは、運用に必要な業務手順の定義能力と、技術的に正しい対応を実行する力にあります。このようなベテラン運用担当者が持つナレッジを、JP1の中に定義(実装)することで、ベテランのナレッジを引き出し可視化することが可能になります。
そして、運用のサイクルを回せば回すほど、ナレッジを深く共有することになります。

機能

IBM i運用業務の簡略化・効率化を実現

IBM i(AS/400)のジョブ運用を、5250エミュレータの画面からではなく、使いやすいJP1/AJS3側から実行できます。IBM iにログインすることなく、JP1/AJS3からジョブの実行や、実行結果の確認ができるので、Windows、UNIX等のオープン系の担当者でも、IBM i(AS/400)の運用が可能になります。

IBM iを含めたマルチプラットフォーム上のジョブ連携と監視が可能

これまでは手作業で行っていた、異なるシステム上で連携して行われる複雑な業務を、1か所から操作・監視し、運用を自動化することが可能になります。

構成イメージ

動作環境

ソフトウェアの構成

  • Tolbox for JP1
  • JP1/AJS3

Tolbox for JP1

IBM i サーバー環境
対応OS
  • IBM i 6.1 以降

JP1/AJS3

オープンシステム製品
連携プログラム
  • JP1/Base
  • JP1/Automatic Job Management System 3 - Manager
  • JP1/Automatic Job Management System 3 - Agent
    (JP1/AJS3 – Agentを使用する場合)

参考価格

初年度保守付 LPAR毎ライセンス
  • P05 460,000円
  • P10 575,000円
  • P20 805,000円
Copyright © IGUAZU