運用負荷軽減
ジョブ連携・システム運用業務自動化 Toolbox for JP1


Toolbox for JP1 概要

システム間の複雑な日次処理、月次処理、複数ジョブの実行順序を自動化し、運用負担を軽減

ジョブ実行のフロー化と自動実行で人為的作業ミスの防止!

エラーの自動判別で後続するジョブの実行有無、実行順序を自動化!

IBM i とオープン系サーバーのマルチな運用環境に対応!

お客様の課題例

  • 各プラットフォームで、実行されるバッチ処理の起動が担当者判断になっていて煩雑
  • 担当者の判断でジョブ実行をしているため、ミスや実行漏れが起こる

解決できること

  • マルチプラットフォーム間のジョブ自動化により、担当者の負担軽減
  • システム運用の自動化によりミスや漏れを防止

導入事例

導入クライアント

業種:製造業

資本金:約1億円

従業員数:1,200名

導入背景

  • IBM i からWindowsServerへ手作業で購入依頼のデータの送信していた
  • 購買発注FAXを手動で行っていた
  • WindowsServerに納期回答データを手入力し、IBM i へ送信

導入前の課題

  • IBM i とWindowsServer間のデータ送受信が手作業で煩雑
  • 生産計画を立てるまでに人手を介するステップが多く、時間がかかる

選定のポイント

  • システム間の双方向データ送受信を自動化できる
  • ジョブ定義により日次のジョブの実行を自動化できる
  • データの送受信の自動化によりデータ取り込み完了時刻を短縮

導入後の効果

購入依頼データ発注からファックス送信までのタイミングが早くなった

IBM i への納期回答データ取り込みを自動化できたため、生産計画処理をスピーディーに実行可能になった

Toolbox for JP1へのお問い合わせはこちら
※ ネオアクシス株式会社のサイトへ移動します。

お問い合わせはこちら