運用負荷軽減
運用負担軽減(監視) HYBRIDシリーズ MESSAGE/RESOURCE/SCHEDULER


HYBRIDシリーズ 概要

オペレータ監視業務を自動化、運用負担・運用コスト削減!

問題・障害の早期発見で、未然にシステムダウンを予防!

自動運用でオペレーションミスが劇的に減少!

システムのボトルネックを可視化し、最適なパフォーマンスで運用!

お客様の課題例

  • 運用管理者の高齢化と後継者問題対策
  • 度重なるオペレーションミスによるシステムダウン
  • 運用管理者の労働時間、コスト

解決できること

  • システム運用の属人化問題からの解放
  • 手作業の運用管理でオペレーションミスによる システム障害からの脱却
  • 運用要員コスト削減

導入事例

導入背景

  • 複数区画での業務システム運用で運用管理者の負担になっていた
  • システム停止に伴う事業損失リスク高く、異常の事前対策、早期発見は必至

導入前の課題

  • 複数区画にわたる動作状況の監視、エラーログ監視に時間と手間がかかる
  • 重要なシステムの異常を伝えるメッセージを見逃してしまう

選定のポイント

  • 複数システムを一元管理できる
  • 異常通知により、早期発見、迅速な対応が可能
  • 視認性がよく、何が起きているのか、どこで起きているのか、より詳細な問題把握がしやすい

導入後の効果

事前のエラーハンドリングが可能になり、システム停止が減少

障害発生時にも早期に復旧ができるようになった

HYBRIDシリーズの詳細な情報はこちらから

詳細はこちら(株式会社ヴィンクス)