Toolbox 全銀TLS+ | IBM i 総合情報サイト

Toolbox 全銀TLS+


ネオアクシス株式会社

働き方改革 ---
経営基盤強化・リスク対策 法制度対応・CSR
業務プロセス改革 業務効率化、コスト最適化
売上向上施策 既存顧客のケア
対応業種
クロスインダストリー
稼働環境
IBM i

詳細情報

概要

新たなEDIサーバの構築が不要

通常、IBM i から「全銀TCP/IP手順・広域IP網」の通信を行う場合、EDIサーバや専用通信機器等を構築し、IBM iとEDIサーバや専用通信機器の双方でデータの送受信管理が必要です。
「Toolbox 全銀TLS+」を導入することで、新たなEDIサーバや専用通信機器を介さず、IBM i 上で「全銀TCP/IP手順・広域IP網」の通信が可能となります。
また、IBM i のみでEDIの運用ができるため、Toolbox を使ったレガシー手順(全銀ベーシック手順、全銀TCP/IP手順、JCA手順)の操作と同様の運用が可能です。

全銀ベーシック手順、全銀TCP/IP手順から全銀TCP/IP手順・広域IP網への移行が容易

同じIBM i 上で、レガシー手順に対応した「Toolbox for IBM i」と「Toolbox 全銀TLS+」の共存が可能です。
全銀手順のデータフォーマットを活用できるため、全銀ベーシック手順及び全銀TCP/IP手順から全銀TCP/IP手順・広域IP網への移行は、IBM i 上で通信定義の変更を行うだけで容易に対応ができます。
また、「Toolbox for IBM i」と同様に、発呼(Aセンター)、着呼(Bセンター)とも対応しています。

特徴

  • 全銀協標準通信プロトコル(全銀TCP/IP手順・広域IP網)に準拠
  • 2024年「INSネットディジタル通信モード」 終了対策に最適!
  • 新たなEDIサーバの構築が不要!
  • レガシー手順(JCA手順、全銀手順)からの移行が容易!
  • Toolbox for IBM i と同じイメージで操作が可能
  • 発呼(Aセンター)、着呼(Bセンター)とも対応

機能

送受信データフォーマットからお客様が利用しやすいデータフォーマットへの変換プログラムを提供

お客様側では、XMLなどを意識する必要はありません。流通BMS®標準フォーマットをIBM i 標準形式の固定長ファイルで提供しますので、業務アプリケーションへの取り込みも容易です。

構成イメージ

動作環境

IBM i 7.1 以降
IBM i(AS/400)にインターネット接続の可能な環境があること

下記ライセンス・プログラムが必要です。

  • 5770SS1 34 ディジタル証明書マネージャー
  • 5770DG1 *BASE IBM HTTP SERVER FOR I
  • 5S33A20 *BASE TOOLBOX FOR IBM I VERSION 7 RELEASE 1

※Toolbox 全銀TLS+のご利用には、Toolbox for IBM i のライセンス/保守契約が必要です。

参考価格

  • 54万(税抜)~
Copyright © IGUAZU