You and i – IBM i 7.5 TR1、7.4 TR7などの発表 | IBM i 総合情報サイト iWorld(アイワールド)
NEWS
You and i:Steve Willのブログ You and i:Steve Willのブログ
2022.10.14

You and i – IBM i 7.5 TR1、7.4 TR7などの発表

You and i – IBM i 7.5 TR1、7.4 TR7などの発表
You and i – IBM i 7.5 TR1、7.4 TR7などの発表

本日2022年10月11日、IBMはIBM i 7.5 TR1および7.4 TR7を発表しました。Steve Willによる最新発表のスクープをお届けします。


またテクノロジー・リフレッシュの発表の時期がやってきました。本日2022年10月11日、IBM i 7.5 TR1および7.4 TR7を発表します。そして、いつものように、それらの特定の「テクノロジー・リフレッシュ」の提供に加えて、Db2、Navigator、RPGなどの更新もあります。

まずは: Power10 スケールアウト

しかし、TRの前に、私がブログに書きそびれた発表について皆さんにお話しする義務があります。7月12日、IBMは、非常に多くのIBM iユーザーで使用されているPower製品ラインの一部である、スケールアウトサーバーのPower10バージョンを発表しました。

すでに、これらのサーバーを採用するお客様が出始めており、それは素晴らしいことです。しかし、TRのサポートを発表していないので、質問を受けることもあります。通常、新しいシステムが登場すると、それに対するTRが必要になることは理解しています。しかし、Power10システムの開発は、7.5メジャーリリースと7.4TR6と並行して行われたので、これらの新しいシステムを使用する場合は、これらのベースレベルが必要です。TR は必ずしも必要ありませんが、それぞれに特定の PTF が必要です。

  • IBM i 7.5 Base + PTF SI80676
  • IBM i 7.4 TR6 + PTF SI80673

そして:10月の発表


IBM i の開発チームと製品チームは、7.5 以降、新しいコンテンツを用意するのに非常に忙しかったのです。詳細な説明は、”サポート・ページ “をご覧ください。

いつものように、このブログでは興味深いハイライトをいくつかピックアップしますが、上記のページにはすべてが掲載されています。

Db2 for i と Watson 地理空間データ

この一連の発表の中で最もクールなものの1つは、Db2 for iがIBM Watsonの地理空間サポートの利用をサポートするようになったことです。

地理空間データが何であるかをご存知ないですか?心配しないでください。リンクと引用があります。 “地理空間データは、地球表面またはその近傍に位置する物体、事象、その他の特徴を記述する情報である。地理空間データは通常、位置情報(通常は地球上の座標)と属性情報(当該オブジェクト、イベント、現象の特徴)を時間情報(位置と属性が存在する時間または寿命)と組み合わせている。”

また、地理空間データについては、こちらでさらに詳しく解説しています。

このコラボレーションの力については、Scott Forstie氏と彼のチームから楽しく学ぶことになりますが、このブログの目的としては、IBM iチームの一部がIBM Watsonチームと密接に協力して、IBMが人工知能で進めている進歩をビジネスデータの分野で利用する方法について取り組むことがいかに楽しいかを印象づけたいのです。

Db2 WebQuery によるデータ変換: IBM i Db2 データとクラウドの相互変換

Db2 が他のデータリポジトリ、特にクラウド上のデータソースとやり取りできるようにすることは、モダナイゼーションの要件としてよく聞かれることの 1 つです。Db2 WebQueryは、Db2からのデータの抽出、変換、ロード(ETL)、そしてDb2 for iとクラウドデータソースの相互運用を支援する製品として、さまざまな方法でお客様をサポートしてきました。詳しくはこちら:Db2 Web Query DataMigrator ETLをご覧ください。

Db2 Mirror: IFS ミラーリング・サポート

初期のDb2 Mirror製品の「完璧ではない」特徴の1つは、IBM iのIFSにあるデータはDb2 Mirrorの管理対象外であったがために、 iASPやIBM PowerHA System Mirror for iを使用して、Db2 Mirrorの外で管理する必要があったことです。今回の発表では、Db2 Mirror は、ミラーリング環境において IFS オブジェクトをサポート可能になりました(お客様が少しセットアップする必要があります)。そうなんです、これが多くの方の足かせになっていたことだと思いますので、歓迎します。(真面目な話、継続的可用性環境がどのようにビジネスに役立つか、より多くの方が真剣に検討する必要があります。ぜひこの機能をご検討ください!)初期のDb2 Mirror製品の「完璧ではない」特徴の1つは、IBM iのIFSにあるデータはDb2 Mirrorの管理対象外であったがために、 iASPやIBM PowerHA System Mirror for iを使用して、Db2 Mirrorの外で管理する必要があったことです。今回の発表では、Db2 Mirror は、ミラーリング環境において IFS オブジェクトをサポート可能になりました(お客様が少しセットアップする必要があります)。そうなんです、これが多くの方の足かせになっていたことだと思いますので、歓迎します。(真面目な話、継続的可用性環境がどのようにビジネスに役立つか、より多くの方が真剣に検討する必要があります。ぜひこの機能をご検討ください!)

Navigatorの機能拡張、特に監査ジャーナル!

「新ナビ」ナビはすごいですね。しかも、今回の発表のアップデートでは、Db2よりもさらに強化されているかもしれません。(競争相手というわけではありませんが、Scott ForstieとTim Roweにとってはそうですよね?)

ハイライトのひとつは、監査ジャーナルの扱いです。日次や週次での表示、特定の項目へのドリルダウン、新しいウィンドウでのチャート表示などが可能です。非常に直感的で便利な機能です。

でも、それだけじゃないんです。ただ本当にすごいんです!

IBM i Merlin: Github上の説明文書とハウツー動画

5月の発表で最も注目を集めたのは、IBM i Merlinです。この製品の導入により、アプリケーションのモダナイゼーションに関する会話が始まり、また、多くの人々がより多くの情報を求めるようになりました。このブログの最後に、欲しい情報を見つけるのに役立つリンクをいくつか添付するつもりですが、最新のソースの1つがGitHubに登場しました。Merlinを説明することができ、製品の特徴をよく示すハウツービデオへのリンクもあります。

RPG, NVMeパスワード保護、セキュリティなどなど

白状します。このような発表があるたびに、私はチームが完了したすべての機能拡張をキャッチアップするために、たくさんの本を読まなければならなくなります。もう何冊も読んでいますが、まだ終わりません。サポートページが公開されたら、もっと勉強しようと思っています。 RPGの新機能、NVMeデバイスのパスワード保護、いくつかの新しいセキュリティ機能などについて、私のチームが高いレベルで話しているのを見てきました。

しかし、このブログではこれで十分です。たった半年前にメジャーリリースを発表したことを考えると、開発チームは我々を出し抜いたと言えるでしょう。

Inforのユーザーグループのカンファレンスに参加したときのこと、マイクロサービスの価値と限界について、また、2年間オンラインのみであった私たちの対面セッションの需要に感銘を受けたことなど、すぐにでもブログを書きたいと思っています。 もし時間があれば、書きたいことがたくさんあります。

それまでお元気で、そして大いなることを成し遂げましょう!

IBM i Merlin 関連リンク&リソース


いいねと思ったらシェア
twitter
facebook
hatena
You and i:Steve Willのブログ 目次を見る

この連載は…

You and i:Steve Willのブログ
あなたにオススメの連載
できるIBM i 7.4解剖
14記事
できるIBM i 7.4解剖
IBM i の”新”必須言語 〜FFRPG入門〜
14記事
IBM i の”新”必須言語 〜FFRPG入門〜
Windows10待ったなし!どうする5250徹底検証
4記事
Windows10待ったなし!どうする5250徹底検証
PAGE TOP