iCafe | IBM i / AS400等に関する技術情報ポータルサイト

IBM i / AS400等に関する技術情報ポータルサイト

お役立ち記事
IBM i および Java サポート


本記事は「IBM Systems Magazine」の許諾のもと、原文を日本語化するとともに、一部再編集したものとなります。原文をご覧になりたい方は下記よりアクセスしてください。
原文タイトル:IBM i and Java Support
原文著者: Steve Will

 

2018年12月11日

OracleがJava 8のバージョンをどのようにサポートするかについての変更を発表して以来、特にここ数ヶ月で、私のチームは、Javaについて、特にJavaのサポートについて、数多くの質問を受け取ってきました。手元に十分な数の質問が集まった今、私たちは、IBM i をお使いのお客様がJavaおよびそのサポート・オプションについて知るべき点を明確にするものを公開するべきだと考えるに至りました 。

まずシンプルなビューから開始しますが、後ほどもう少し詳しく解説します。しかしながら、Oracleのポリシーが何であるかは我々の範疇外であり、言及しません。 まず、私はオラクルの立場で話をするつもりはありません。 第二に、私はこのブログのエントリーが妥当な寿命を持つことを望みます。 つまり、今日の発信から1年後にも読むことができ、それが正確であることが比較的確実であるようにしたいと思います。 オラクルは必要なときにいつでもポリシーとオファリングを変更できるため、最新の状況についてここで説明すると、この書き込みを非常に早く古く無効なものにするリスクがあります。 ですから、変化しないものから始めましょう。

 

サーバーJavaおよびクライアントJava

IBM i ユーザーは、通常、IBM i サーバー自体と「クライアント」マシンの 2つの方法でJavaを使用しています 。

サーバーJava   IBM iを 実行しているPower Systemsサーバー は、Javaの「サーバー」風味を使用しています。 また、IBM i はOracleバージョンではなく、IBMバージョンのJavaをオペレーティング・システムに統合しています。 オープンソースへの貢献にIBMが戦略的に関与していることにより、今後のある時点で出荷されるJavaからは一般的なオープンソース・バージョンになりますが、Oracleから提供されるバージョンではありません。 したがって、オラクルのサポートポリシーは、IBM i 上で動作するJavaに影響を与えません。以上。 IBM iで 実行されているIBM Javaの サポートは、IBM i オペレーティング・システムの サポートに含まれています 。 あなたはそれ以上のお金を払う必要はありません。

クライアントJava   「クライアント」という言葉の多用・乱用に慣れていらっしゃるとよいのですが、人々が「クライアント」Javaについて語るとき、それはノートパソコン、デスクトップ、携帯電話、その他のモバイルデバイスなどのマシンについてのことを指しています。これらの「クライアント」ではJavaが実行されていますが、それらのクライアントを実行するオペレーティング・システムはIBM iではありません 。

クライアントJavaのサポートは、そのJavaバージョンのサプライヤから入手できます。 多くのユーザーは、クライアントでOracleのJavaバージョンを使用しているため、Oracle Javaの使用コストとOracle Javaのサポートのコストに関するOracleのポリシーの対象となり得ます。

クライアント用IBM OpenJ9 JVM:ただし、IBMはクライアント上で実行可能なJavaのバージョンにも貢献し、サポートしていることを理解することが重要です。 クライアントマシンにJava Runtimeを持つことに依存するソフトウェアは、Oracle Javaを利用するのと同じくらい簡単にこのJavaを使用できます。

たとえば、IBM i をお使いのお客様からくる多くの質問は、IBM i Access Client Solutions(ACS)がクライアント上で実行され、ACSがJava Runtimeを必要としていることに起因するものです。 ここでも、多くのユーザーがOracle JavaをACSのランタイムとして使用していますが、それだけが選択肢ではありません。 ユーザーは、クライアント上でIBM OpenJ9 JVMを使用することができるのです。

ACSで使用できるJavaオプションについて最も詳細に記載されているのは こちら

IBM OpenJ9 JVMのダウンロードに興味がある方は、無料でご利用いただけます。   リンク 。

Oracleからの発表によれば、1月からJavaのエンタープライズ(非個人的な)使用に対する課金が開始されると述べたため、少なくとも現時点では「無償」の使用が重要です。

 

サポートについて

IBMはIBM OpenJ9 JVMのサポートを提供しています。 オファリングはIBMランタイム・フォー・ビジネスと呼ばれています。

私がこれを書いている時には、5737-F61と5737-J49の2つの製品があります。 どちらも、エンタープライズ内のすべてのシステムにサービスを要求するのではなく、サポートを必要とするシステムに対してのみサービス・サブスクリプションを取得することができます。 2番目のオファリング(J49オファリング)は非常に新しく(2018年11月後半に利用可能になりました)、企業のJavaインストールの監視も提供します。

最新製品の詳細な発表は   こちら

製品ごとの日本語発表レターは こちら(JP17-0641 / JP18-0395

ちょっと話が実際以上に複雑に聞こえてしまったかもしれません。 私は、あなたの理解を助けるために十分な詳細情報を提供し、さらに理解したい場合、またはサポートを購入したい場合に必要なリソースへのリンクを提供しようと試みたのです。

単純バージョンでまとめると以下の通りです:

  • IBM i 上のJava は、追加料金なしで統合されています。 オラクルはIBM i に対してサービスを提供することはできませんので、オラクルにお金を払わないでください!
  • IBM iに 接続されているクライアント上のJava は、(IBMの一部である)コミュニティからのものであり、Oracleだけがあなたの選択肢ではありません。 そして…
  • IBMはOpenJ9 JVMのサービス提供を提供しているので、JVMをサポートしたい場合は、Oracleだけがあなたの選択肢ではありません。

これが役立つことを願っています。

 


この記事のあとにはこちらの記事もおススメです。

メールマガジン登録

注目キーワード

フリーワード検索

お探しの情報に関する単語を入力してください。

資料ダウンロード

iCafeではIBM iに関するさまざまな資料を掲載しています。お探しの資料をぜひさがしてみてくださいね。

アクセスランキング