NEWS
楽楽システム管理! 生まれ変わったIBM Navigator for i 楽楽システム管理! 生まれ変わったIBM Navigator for i
2023.06.12

【iNavi】第5回「システム・モニターのデータを可視化しよう」

【iNavi】第5回「システム・モニターのデータを可視化しよう」
【iNavi】第5回「システム・モニターのデータを可視化しよう」

<第4回:iNaviでシステム・モニターを使ってみよう>はこちらから

前回、新Naviのシステム・モニターの概要と設定方法をご紹介しました。
今回はそのシステム・モニターで収集されたデータを新Naviで見る方法をご紹介します。※当記事は、Dawn May氏による「Visualize System Monitor Data for IBM i」を基に編集したものとなります。

前回の記事では、Navigator for iでシステム・モニターをセットアップする方法について説明しました。

システムモニターを立ち上げたら、定期的にモニターデータを見たいと思うでしょう。オプションは3つあります。 モニターデータの可視化、モニターデータの可視化(新しいタブ)、モニターデータの調査です。この記事では、同じ情報を提供する最初の2つをレビューします。単に、現在のタブまたは新しいタブでモニターデータの可視化タスクを開くというオプションがあります。

[モニターデータの可視化]タスクは、システム・モニターで定義された各メトリクスのチャートを表示します。複数のメトリクスが含まれている場合は、それぞれがこのページに表示されます。定義されている閾値も表示されます。これらのチャートはリアルタイムで更新されますが、このオプションはページの上部で切り替えることができます。[モニターデータの可視化]ページは、次の画面キャプチャのようなもので、各メトリックスごとに個別のチャートがあることがわかります。

▲図1. モニターデータをグラフで可視化する

▲図2. プロパティページ

コンテキスト・ボックスは、ボックスの右側にある+マークをクリックすることで拡張することができます。拡張すると、下の画像のようになります。コンテキスト・ボックスの主な役割は、チャートのレイアウトを制御・設定することです。デフォルトでは、1行に2つのチャートが表示されます。私は複数のメトリクスでモニターを定義することが多いので、個人的な好みとしては、スクロールせずにより多くのチャートを見ることができるように、3つまたは4つのチャートを表示させるようにしています。

▲図3. コンテキスト・ボックス

次の図はグラフの例です。このスクリーンショットは一時的なストレージの使用率を示し、2つの閾値が定義されています。

▲図4. 一時的なストレージの使用率のグラフ

各メトリクス(指標)に対していくつかのコントロールがあります。このアイコンをクリックすると、メトリックデータを取得するSQL文が表示されます。

メトリック名のすぐ下には、メトリック自体の色と、そのメトリックに定義した閾値を表示するグラフ凡例があります。凡例内のボックスまたはテキストをクリックすることで、グラフ内の線のオフとオンを切り替えることができます。最後に、グラフの下部にあるスライダーアイコンとその両端にある矢印で、グラフデータをスクロールすることができます。システム・モニター・データは通常、24時間の日次コレクションとして保存されるため、これらのグラフでは1日の始まりまでスクロールすることが可能です。ページ上部のアクション・ボックスの右端にあるチャート・プロパティ・アイコンをクリックすると、メトリクスと閾値の色をカスタマイズすることができます。

興味深いことに、「アクション」のドロップダウンボックスをクリックすると、「Actions coming soon」と表示されます。これは、将来、「新Navi」のシステム・モニターに、「旧Navi(Heritage Navigator)」に見られるような追加機能が提供されることを意味していると思われます。

次回の記事では、「モニターデータの調査」について掘り下げる予定です。

いいねと思ったらシェア
twitter
facebook
hatena
楽楽システム管理! 生まれ変わったIBM Navigator for i 目次を見る

この連載は…

楽楽システム管理! 生まれ変わったIBM Navigator for i
関連記事
【iNavi】第1回「まずはじめてみよう」
【iNavi】第1回「まずはじめてみよう」
【iNavi】第4回「iNaviでシステム・モニターを使ってみよう」
【iNavi】第4回「iNaviでシステム・モニターを使ってみよう」
【iNavi】第2回「ダッシュボードからはじめてみよう」
【iNavi】第2回「ダッシュボードからはじめてみよう」
あなたにオススメの連載
できるIBM i 温故知新編
5記事
できるIBM i 温故知新編
IBM i の”新”必須言語 〜FFRPG入門〜
14記事
IBM i の”新”必須言語 〜FFRPG入門〜
IBM i アプリの第二の柱 OSS
15記事
IBM i アプリの第二の柱 OSS
PAGE TOP