【目次】Db2 for i & SQL活用 虎の巻 | IBM i 総合情報サイト iWorld(アイワールド)
NEWS
2022.03.10
SHARE
  • twitter
  • facebook
  • hatena

【目次】Db2 for i & SQL活用 虎の巻

Db2 for i & SQL活用 虎の巻 目次

IBM iの大きな特長の1つは、データベース機能がOS機能の一部としてシステムに統合されていることです。これにより、通常のファイルとデータベースを区別することなく手軽にデータベースが使える反面、その本質的な理解が欠けたままIBM iが使い続けられてしまい、IBM iのモダナイゼーション推進の阻害要因になっているという負の側面もあります。そこで、このシリーズでは、SQLを始めとしてIBM iのデータベース本来の活用法とそのメリット、IBM iの現代的利用法についてご紹介いたします。


【虎の巻】第1回 「IBM i OSのメタデータの力(第1部)」
https://www.i-cafe.info/column/serials/db2forisqltiger_1
メタデータは、データフィールドが何を意味していて、どのような属性を持っているかに関する情報を保持しています。この情報をうまく編集することで、Web Query for iによるレポートが簡単により強力なツールに変身することを、今回と次回の2回の記事でお伝えします。

【虎の巻】第2回 「IBM i OSのメタデータの力(第2部)」
https://www.i-cafe.info/column/serials/db2forisqltiger_2
前回に引き続き、メタデータを編集してWeb Query for iのレポート機能を更に強力なものにする方法について説明します。今回は、より高度なレポート作成のためのメタデータ編集テクニックについてお話します。

【虎の巻】第3回 「論争:DDS 対 DDL」
https://www.i-cafe.info/column/serials/db2forisqltiger_3
データベース定義をDDLで行うべきか、DDSのままで良いかという論争は古くからありますが、適材適所で使い分けるのがベストというのが結論のようです。
では、その使い分けの基準はどのようなものなのでしょうか。この記事を読み、DDLとDDSの使い分けについて、自分の会社ではどうあるべきか改めて整理し直してみてはいかがでしょう。

【虎の巻】第4回 「新しいSQL HTTP関数を使う(第1部)」
https://www.i-cafe.info/column/serials/db2forisqltiger_4
SQLという言葉を聞くと、まずデータベースの作成や操作言語というイメージが沸くと思いますが、SQLにはそれとは異なるしかも重要な側面もあることを知っていただきたいと思います。 今回取り上げるSQL HTTP関数は、オープンな環境においてIBM iと異種システムとの連携処理を容易に実現し、IBM iの利用価値を高めるものです。最近このSQL HTTP関数に新たな関数が追加されましたので、今回と次回の2回に分けてこの新しい関数の使い方についての解説ブログを掲載します。

【虎の巻】第6回 「SQL CASE式のユースケース」
https://www.i-cafe.info/column/serials/db2forisqltiger_6
データの値に応じて実行時にSQL文を動的に変化させることで、SQLの可能性が大きく広がります。今回はSQLのCASE式を取り上げ、データに基づいて実行時にSQL文を変化させることで、どのように便利なことが容易に実現できるのかを例題を使って分かり易く解説します。

【虎の巻】第7回 「Db2 for i 7.1のSQL配列(前編)」
https://www.i-cafe.info/column/serials/db2forisqltiger_7
SQLおよびJavaプロシージャと多数のパラメータをやり取りしたいとき、配列が使えたらと思ったことはありませんか?また、SQLを使って配列のデータをあたかもデータベースの表のように処理したり、逆にデータベースの表を配列データの様に処理したりできたら、処理が楽になるのにと考えたことはありませんか? Db2 for i 7.1でサポートされるようになった配列データ型はこれらを可能にします。この配列データ型とそれに関連するSQL関数について、前編、後編の2回に渡りその便利さをお伝えします。まず、今回は配列データ型の定義法と配列変数の基本的な操作について述べます。

【虎の巻】第8回 「Db2 for i 7.1のSQL配列(後編)」
https://www.i-cafe.info/column/serials/db2forisqltiger_8
前回の記事の後編として、配列データ型とそれに関連するSQL関数に関する記事をお送りします。今回は、配列変数と表を相互に変換するための新しいSQL関数を使った処理の例やJavaによる配列パラメータの受け渡し例、SQL配列を使ったプロシージャのデバッグ法など、より実践的な内容を具体例と共にお届けします。

【虎の巻】第9回 「SQLとDb2 for iでデータベース・モダナイゼーションを実現する」
https://www.i-cafe.info/column/serials/db2forisqltiger_9
データベース・モダナイゼーションの重要性については、これまでも様々な記事でお伝えしてきた通りです。今回は、その実施に当たってSQLビューを活用することで、リスク、コストを低く抑えつつ、モダナイゼーションの価値を十分に享受できるということをご紹介します。

【虎の巻】第10回 「Db2 Web Query for i バージョン2.3と共に ストアドプロシージャを使うための基礎知識(前編)」
https://www.i-cafe.info/column/serials/db2forisqltiger_10
ストアドプロシージャを使うことで、既存の表から容易にデータ分析用の仮想的な表を作り出すことができ、簡単に分析レポートを作成することができます。今回は、導入部としてストアドプロシージャの作成方法とそれを利用するWeb Queryの初期作業についてご説明します。

【虎の巻】第11回 「Db2 Web Query for i バージョン2.3と共に ストアドプロシージャを使うための基礎知識(後編)」
https://www.i-cafe.info/column/serials/db2forisqltiger_11
前編では、分析データ抽出用のストアドプロシージャの作成とこれを使用するWeb Queryの初期作業について説明しました。後編では、ストアドプロシージャが抽出した表を使ってWeb Queryで分析報告書を作成する例をご紹介します。

いいねと思ったらシェア
twitter
facebook
hatena
あなたにオススメの連載
できるIBM i 7.4解剖
14記事
できるIBM i 7.4解剖
IBM i の”新”必須言語 〜FFRPG入門〜
14記事
IBM i の”新”必須言語 〜FFRPG入門〜
Windows10待ったなし!どうする5250徹底検証
4記事
Windows10待ったなし!どうする5250徹底検証
PAGE TOP