NEWS
改めてAIについて学んでみよう 改めてAIについて学んでみよう
2024.02.07

【AI】第6回「AIへの道にAPIを構築する」

【AI】第6回「AIへの道にAPIを構築する」
【AI】第6回「AIへの道にAPIを構築する」

昨今AIが急激に存在感を増してきていますが、IBM iには関係のない世界だと思っている方も多いと思います。しかし、世の中にはAPIを使ってアプリケーションプログラムとAIとを繋ぎ、これまで考えられなった先進的なアプリケーションを実現しようとしている、あるいは実現した例が出てきています。しかも、APIを介すことで、古いRPGプログラムであってもその恩恵を受けられるというのです。今回はそうした話題を、Profound Logic社のブライアン・メイ氏との対談の抄訳を通じてご紹介します。(編集部)

2023年4月26日

Profound Logic社のブライアン・メイはクイーンのギタリストとは別人で、IBM iの顧客がAIを始める手助けとなる、プラットフォームに依存しないProfound APIというツールのIBMチャンピオン(訳注)です。

ポール・ツーイ(以下、ポールと略します):皆さん、ツーイとiTalk Businessにようこそ。嬉しいことに今日は旧友と一緒です。旧友といっても長年の友人という意味で、年寄りということではありません。私は年寄りですが(笑)。Profound Logic社のブライアン・メイです。こんにちは、ブライアン。

ブライアン・メイ(以下、ブライアンと略します):こんにちは、実際私は年を取っていますので、年寄りと呼んで構いませんよ。

ポール:ブライアン、あなたは最近仕事が少し変わりましたよね。

ブライアン:ええ、最近私は社内の新しい領域に移動し、Profound Logic社で製品マネージメントのバイスプレジデントを務めています。

ポール:おめでとうと言うべきか、お悔やみを言うべきか分かりませんが、多分両方を少しずつですね。

ブライアン:判決はまだです(笑)。

ポール:いいでしょう。さて、ブライアン、今日は主にProfound APIについて話そうと考えています。そこから始めるのが良いと考えています。Profound APIとは何か話してもらえますか?

ブライアン:もちろんです。製品マネージメントのバイスプレジデントを引き受けたとき、我が社のAPIソリューションが私の主な関心の中心の1つでした。ですから、私は全般的な製品マネージメントであるのに加え、Profound APIの製品オーナーでもあります。このアイデアをすべて自分の功績にするつもりはありませんが、数年前に社長のアレックスに少しだけ怒鳴って、これを作るつもりだと伝えなければなりませんでした。ですから、私はそれが私の作り出したものであることに責任を負います。私はコーディングをまったく行っていないのでうまく機能すると思いますが、思想的リーダーシップに関しては最初から参加しているので、自分の時間の大部分をこの製品に費やせることに本当に興奮しています。

では、Profound APIとは何でしょうか? それはあなたが必要とするものすべてであり、必要でない物は何もありません。私達がその製品と共に取り込んだ一種の哲学です。最初はIBM i に焦点を当てていましたが、Profound APIはNode.jsに基づいているので、どのプラットフォームでも使用でき、どこでも実行できます。私が中小企業主なら、「APIの構築を始める必要がある」とか、「APIを使い始める必要がある」とか、「あなたがそうするつもりなら、私はAPIエコノミーに参加する必要がある」とかいう人々の声を聞き続けます。それが、実際に私達が取ったアプローチです。IBM iの領域にはAPI を作成できるようにするソリューションがありますが、私達は単に作成できる以上のことをしたいと考えています。私達はそれらを文書化し、管理し、テストできるようにしたいと考えています。必要なことをすべて1か所で行いたいと考えています。それがIBM iの顧客が期待していることです。当社はIBM i分野で常に完全なソリューションを提供してきましたが、これが変わることは望んでいません。そのため、私達は一から十まですべてを確実に理解できるようにするために多くの時間を費やしました。

ポール:ブライアン、ご存知の通り私は長年にわたってAPIアプローチを常に支持してきました。アプリケーションのモダナイゼーションでは、その種のAPIソリューションを目指してモダナイズしますが、世の中にはAPIソリューションやそれを提供する人が大勢います。では、Profound APIと何が違うのでしょうか?

ブライアン:繰り返しになりますが、Profound APIは、その完全性はもちろん、ローコードソリューションでもあるProfound Node.jsフレームワークに基づいています。ですから、RPGプログラムを公開する場合でも、新しいロジックを構築する場合でも、データベースにアクセスする場合(Db2だけでなく他のデータベースも同様)でも、APIを構築できます。私達はIBM iの分野の出身なので、単にIBM iに魔法をかける以上のことができます(笑)。私達は、Profound API製品がILEの仕組みを理解していることを分かっています。それはRPGプログラムやCOBOLプログラムの話し方、単純なパラメータ以上のものを使用してそれらを呼び出す方法を理解しています。あなたと私は何年も前からILEの支持者であり、サービスプログラムを構築し、複雑なデータ構造を使ってデータをやり取りする必要があると人々に伝えてきました。Profound APIはそのすべてを非常に簡単に行うことができます。それが、世にある多くのソリューションと実際に異なる点だと思います。それは、Profound社の核となる価値観の1つが簡素化であり、それが私達の行ってきたことです。API、ゲートウェイ、セキュリティなどについて話し始めると、非常に複雑なトピックになる可能性がありますが、それを要約して簡潔にしました。製品をセットアップして使い始めることができます。

ポール:いいでしょう、素晴らしいですね。ブライアン、私を本当に魅了しているのは、まさに現在の状況にあると思います。つまり、あなたは企業内でAPIのすべてを扱ってきました。APIを提供するということだけでなく、その方法も含めてです。企業は世の中にある利用可能なAPIを利用し始めており、もちろん今ではAIですべて進んでいます。ChatGPTなど現時点でニュースになっているあらゆるものは、もちろん私達にとっては古いものです。何年もこれを扱っているみたいに(笑)。いつだったか、Watsonについてあなたと会話したことを覚えています。おそらく10年ほど前だったと思います。

ブライアン:そうです。

ポール:そして、Watsonを使ったAPIの実行や類似のことについて話しました。それは重要な事ですか? 人々が取り始めている手段でそのAPIに大きな変化が見られますか? 彼らはビジネスでそのAIに移行し始めていますか、それとも…。

ブライアン:人々はAIに移行し始めています。最近実際にアンケートを実施し、得られた回答を調べました。正確な数字は手元にありませんが、回答者の60%が実際にAIを導入する計画があると回答しました。今後3~5年以内のいずれかの時点でシステムに組み込まれます。彼等の多くがまだ始めたばかりだと言いました。でも、ここ数か月間、毎週何件の新しいAI開発が行われたでしょう?

OpenAIや他のすべてのAIプロバイダーが登場し、すぐに非常にシンプルな形で利用できるようになり、状況は本当に加速しています。そのため、適切な適合分野を見つけるために模索している多くの顧客がいます。彼等は私達のような企業に相談し、アイデアを得るためにやって来ますが、その鍵となるのがAPIです。確かに、ChatGPTを取得して質問を入力したり、話しかけたりすると、何かが返ってくるのは素晴らしいことですが、ビジネスの使用例としては私にとって必ずしも興味深いものではありません。私にとって興味深いのは、アプリケーションから実際にデータをAIに送り、自然言語ではなくAPIから洞察を得ることができるAPIレイヤーがあることです。

自然言語は素晴らしいのですが、私にとって、またはビジネスの観点からすると、自然言語に大量のデータを供給してトレンドを特定し、ビジネスの観点から何をすべきかを教えてくれるようにしたいと考えています。製造業であれば、AIが資材コストの上昇を理解し、それが市場変数によるもので今後もそのトレンドが続くと予測できる場合、あなたは価格改定の決断をする必要があることが分かります。そしてそれらは人間として私達が検討できることであり、これが資材コストの進み方だと思う、と多少うまく言えます。しかし、AIに参入すると、非常に多くのデータにアクセスできるので、単に私達が見ていないものを発見できることがあります。そこに鍵があり、すべてAPI次第になると私は思います。

私がAIに関するアンケートを行ったとき、匿名だったので誰かは知りませんが、一人の人が「すべてのRPG利用企業は、まだグリーンスクリーンやモノリシックなRPGプログラムを無くそうとしているのに、なぜAIについて質問する必要があるのですか(笑)?」と答えました。ええ、まだそれをやろうとしている組織はあります。しかし現時点では、それを超えた地点に移動した組織がたくさんあります。

しかし、それが本当に凄いのは、Profound APIを使ってさえ(AI用の)APIを使用することができることです。実際それは、APIを使用するためのRPG内のプログラム呼び出しです。グリーンスクリーンアプリでそれを行うことができます。APIつまりAIと統合するのに、最新のユーザーインターフェースが必要だということはありません。グリーンスクリーンから離れる必要があると主張したいですが、それとこれとは別の話です。

ポール:ええ、そうです。

ブライアン:グリーンスクリーンからAIを使用できないことはありません。この2つはまったく別の話題です。多くの企業は、他の分野で遅れをとっているので、APIやAIなどの分野に目を向け始められないと考えていると思いますが、それは真実ではありません。

ポール:あなたがそう言うのは興味深いですね。つまり、何年も前、Watsonに関する最初の記事で私が挙げた例は、グリーンスクリーン、つまり5250画面で言語翻訳を行うことでした。確かに私はそれを明確にしました。それはAPIが何かということと、APIがブラウザベースではないということの違いが本当にその核心である、と区別するためでした。でもブライアン、世の中では興味深いことが起こっています。医薬品ではありませんがその一部、ローション、クリーム、その類の商品すべてを取り揃えている日本の会社の例をIBMが引用しているのを私は知っています。

この巨大なチェーン店は、ウェザーチャネルに接続されたAPIに繋がっています。ですから、突然熱波が到来して在庫が切れてしまわないように、同社のシステムは熱波が予想される地域の店舗向けに商品を事前注文します。

自社のビジネスをトレンドと比較できる、こうしたあらゆる分野があります。あなたはこれから新しい州や新しい国に進出しようとしています。これでそのトレンドを測定し、ビジネスを変えるために何をする必要があるかを判断できるようになりました。まったく新たな恐ろしい世界になると思います。

ブライアン:ええ、確かに、少し怖いかもしれないことがいくつかあります。

ポール:ほんとうにそうです。

ブライアン:でも、それに加えて、あなたは天気についても言及しましたね。また、AIはトレンドや輸送の様なものを取り込むことができます。サプライチェーンの問題が起きるのではないでしょうか? 過去数年に渡りそれらの問題は数多く発生しており、それらの問題が再び起きると予測できます。これらは、AIが手を伸ばして世界中からデータを取得でき、大きすぎておそらく人間の目では一度にすべてを捉えられないトレンドをAIが識別できるすべてのものです。

ポール:ええ、それはまさに次のようにざっくり纏められます。AIを使って私達がこれから向かうこの素晴らしい新しい世界ですが、AIを使って始めるのは、Profound APIを使うよりどれくらい簡単でしょう?

ブライアン:とても簡単です(笑)。繰り返しになりますが、それが当初からの私達の目標でした。Profound APIを使って始めたい場合は、システム上にNode.jsが必要です。それが第一ステップです。それをIBM iで実行している場合は、Yumが必要で、Node.jsをロードするためにパッケージマネージャーを使う必要があります。それがそのやり方です。私にはそれを制御できず、あなたはただそれを実行しなければなりませんが、システム上でオープンソースのものを使う必要があるので、どうしてもそうする必要があります。しかし、そのハードルを越えてしまえば、インストールは簡単です。実際には、出たばかりの新しいインストーラーがあり、すべてのNPMパッケージとすべてを取り込み、すべてをセットアップします。単にカーソルを合わせてクリックし、その中を進みます。インストールしたら、IDEにログインして開始します。

Db2 テーブル上に新しい API レイヤーを構築したいとしましょう。簡単なタスク、例えばODBCとJDBCから脱却しようとしていて、APIレイヤーを用意したいとします。ちなみに、これはセキュリティの観点から良いことです。外部からのデータベースへのアクセスを排除したいので表を右クリックします。構築用APIを選択すると、すべてが構築されます。 「保存」 をクリックすると、それはテストサーバーに公開されます。それはJSONファイルです。それを運用サーバーに移動して完了です。それはとても簡単です。

実際には、単純なデータベースAPIレイヤーに加えて、データベースの上に未加工のレイヤーを追加できます。数分で完了します。もう少し複雑なことを行う必要がある場合、例えばAPIにアクセスして使用したい場合は、数時間で完了できます。一旦呼び出す必要があるAPIを理解すれば、それが鍵です。そうすれば、アクセスしてそれを実行することができます。素晴らしいのは、仮にこれをRPGから呼び出す必要があるとして、どんな種類のRPGでも構いません(もちろん、ILEである必要はありません)。グリーンスクリーンでも構いません。

それを呼び出すためのコードを提供します。文字通りそのコードをRPGプログラムに直接コピーすればそれが完成します。すべての定義と実際の呼び出し自体が含まれることになります。私達がお客様に代わってすべてを行うことはできませんが、呼び出しを行いモニターブロックの中に入れておきます。これが、私達がお客様のために事前にできることです。あなたは、ただそれをドロップして使用するだけです。

お天気APIを使用する製品デモの中で使用するデモプログラムがあります。これは単純な一般的なデモで、グリーンスクリーンの書き方を思い出すのにちょっとの時間かかりましたが、実際に書いてみました。郵便番号を打鍵入力すると起動し、天気の情報を取得してそれを私の画面に表示するという単純なグリーンスクリーンプログラムです。

私はZippopotamusというサービスを使用するデモプログラムをもっています。それは私が実演するのが好きなもう1つのデモプログラムです。郵便番号を入力するだけで緯度、経度、都市名、郡、州、カナダまたは米国のどこでも、あるいは本当に世界中のどの都市の情報でも与えてくれます。そして、ほんの数行のコードでそれを行うことができます。ツールが提供したものをコピーし、実際にいくつかの変数を移動してグリーンスクリーンを表示し、そしてもちろん、古き良きdo whileループを実行し続けるために多分6行のコードを追加しました。

皆さん申し訳ありません。私はサイクルプログラムを使用しませんでしたが、実際は簡単です。誰でもこれを実行できます。また、それはローコードツールで構築されているので、Javascriptの知識がなくても実行できるのが素晴らしい点です。ですから、論理的に考えることができる人(私達はプログラマーです)なら誰でもそれができると思います。外出して、ワークフローやほんの数ステップを思いつくか、またはそれを生成させてコードをプログラムにコピーするだけで、API を使用できます。

それは本当に簡単で、他の指図も同様に簡単です。APIとして公開したいRPGプログラムがある場合は、RPGプログラムからProfound APIツールにプロトタイプをコピーすると、呼び出しが構築されます。そして、あなたが次に行うべきことは、承認することだけです。ここに私のパラメータリストがあり、これがこのAPIに対する私の入力です。私はこれらの出力を期待しています。パラメータを使って行うことについては、可能な限りのことを行いました。おそらくいつか、AIが非常に優秀でAIに考えてもらうことができるようになるでしょう。しかし、私達はまだそこまで到達していません。まだ少し入力する必要がありますが、できる限り絞り込みました。

ポール:いいですね。ブライアン、このインタビューを完成させるために、ちょっと元に戻ってみたいと思います。最初にタイトル変更の話をしましたが、最近またタイトル変更をする必要がありましたよね?

ブライアン:そうかもしれませんね。どうやらすごい名前を持った老人がいるみたいです。彼はギターを弾いていて、天体物理学者か何かで、どうやら私と同姓同名のようです。誰か分かりましたか? たぶん、映画『ボヘミアン・ラプソディ』を見たことがあるでしょう。もちろんクイーンのブライアン・メイです。そして、その映画が公開されたとき、私には膨大な数のフォロワーが殺到しましたが、彼等は明らかにアプリケーション開発、API、IBM i などには何の興味も持っていませんでした。結局私はTwitterハンドル名を変更しなければならず、それは@NotThatBrianMayになりました (笑)。実際、うまくいきました。Twitterのハンドル名を変更するのは普通のことだと思うかもしれませんが、ビジネスのためにソーシャルメディアを利用していると、突然あらゆる場所の署名をすべて変える必要がありました。古いTwitterハンドル名への参照をすべて見つけるのに実際には数週間かかりましたが、確かに変更する必要がありました。皆さん、ごめんなさい。私はギターを弾きますが、あのブライアン・メイではありません(笑)。

ポール:それはこのままにしておくべき素晴らしいセリフだと思います、ブライアン。このiTalkのサブタイトルを「あのブライアン・メイではない」とします。

ブライアン:それに賛成です。

ポール:ブライアン、今日は時間を割いていただきありがとうございました。皆さんこれでツーイとiTalk Businessを終わります。もっと情報を得るにはTechChannelを聞いてください。それでは皆さんさようなら。お聞きいただきありがとうございました。

(訳注) IBMチャンピオンプログラムは、技術コミュニティにおける革新的な思想的リーダーを表彰し、彼らの発言を拡大し、影響力の範囲を拡大することで彼らの貢献に報います。IBMチャンピオンは、IBMソフトウェア、ソリューション、サービスを最大限に活用できるように他の人をサポートおよび指導する IT 専門家、ビジネスリーダー、開発者、経営者、教育者、影響力を持つ愛好家および擁護者です。
(出典:https://developer.ibm.com/champions/

いいねと思ったらシェア
twitter
facebook
hatena
改めてAIについて学んでみよう 目次を見る

この連載は…

改めてAIについて学んでみよう
関連記事
【AI】第2回「Power10の超速AIをイベントストリーミングと共に使う」
【AI】第2回「Power10の超速AIをイベントストリーミングと共に使う」
【AI】第4回「人工知能(AI)への旅<br />-第2部:冬の終わり-」
【AI】第4回「人工知能(AI)への旅
-第2部:冬の終わり-」
【AI】第5回「人工知能(AI)への旅 -第3部-」
【AI】第5回「人工知能(AI)への旅 -第3部-」
あなたにオススメの連載
できるIBM i 温故知新編
5記事
できるIBM i 温故知新編
IBM i の”新”必須言語 〜FFRPG入門〜
14記事
IBM i の”新”必須言語 〜FFRPG入門〜
IBM i アプリの第二の柱 OSS
15記事
IBM i アプリの第二の柱 OSS
PAGE TOP