NEWS
IBM i トレンド IBM i トレンド
2024.01.16
SHARE
  • twitter
  • facebook
  • hatena

IBM Community内「ナレッジモール研究」メンバー募集中:1月31日(水)まで

IBM Community内「<a href=ナレッジモール研究」メンバー募集中:1月31日(水)まで">
【IBM Community内「<a href="https://www.ibm.com/community/japan/jp-ja/knowledge-mall-research-application.html" target="_blank" rel="noopener noreferrer">ナレッジモール研究</a>」メンバー募集中:1月31日まで】

概要

IBM Community Japanでは、2024年度の「ナレッジモール研究」のメンバーを募集中です。

ナレッジモール研究とは、企業、業界、世代の枠を超えたワーキンググループ (WG) の仲間と、自主的に、研究活動をするプログラムです。
IBM Community Japanのメンバー、およびIBM社員も共に、テーマに則した最新の情報の習得、スキルの向上を図るとともに、メンバー相互の交流を深めることを目的としており、その研究成果は広く公開し、「未来を創るテクノロジーで豊かな社会を実現する」ことへ貢献します。

今年も生成AI関連のテーマ、社会課題のテーマ、などなど旬な43テーマが用意されています。ナレッジモール研究の説明資料はこちらをご参照ください。

テーマ例

  • ITを利用したこれからのヘルスケアを考えてみる
  • 保育・育児を支えるITを活用したサービス
  • デジタルを活用した子供たちへの教育機会提供
  • 「生成AIを利用した業務アプリケーション」の有用性と課題
  • サイバーセキュリティに耐えうるシステムを考える
  • AIリスクへの対応
  • テクノロジーで描くユニバーサルな社会~障がい者の視点から~
  • ビジネスにおける生成AIの現実的な適用を考える

etc…

勿論今年もこの活動の1テーマとして「IBM i 技術者の広場」が開催されます!!

併せて読みたい

「2023年度ナレッジモール研究 インタビュー:
IBM iに対する先入観を払拭し、若手技術者のFF-RPG学習意欲を高めて支えていく」


「他業界・他業種の⽅との関わりで、チーム内での動き⽅や課題への取り組み⽅を学べると思います。また、興味あるテーマを⾃由に深堀できる機会なのでぜひ参加してみることをお勧めします。」
「オンライン中⼼での活動でも多くの気づきを得ることができる活動だったと思います。⾯⽩いから是⾮参加してみてください。⽇々の仕事だけでなく、IT知識の幅が広がります。」
「研究会は知⾒を得られるだけではなく、社外の⽅との協業によって⾃⾝が持つスキルや⻑所を相対化するきっかけになるのでぜひ積極的に参加してほしい。」

等々、過去参加者からも大好評のこのコミュニティ活動に、今年はあなたも参加してみませんか?

活動期間は、2024年2月15日(木)(キックオフ・第1回研究会)から2024年9月末(最終成果物提出)の予定です。さらには2024年11月(予定) には成果発表イベントも予定されております。

ぜひ「IBM Community ナレッジモール研究」「IBM i 技術者の広場」に参加して、2024年を飛躍の一年にしてみませんか?

「ナレッジモール研究」の詳細・お申し込みはこちら

参加申し込み締め切りは2024年1月31日(水)までとなっております。

いいねと思ったらシェア
twitter
facebook
hatena
関連記事
IBM i 永続ライセンスの終了迫る
IBM i 永続ライセンスの終了迫る
HMC、BMC、VMI、eBMC、FSPのあれこれ
HMC、BMC、VMI、eBMC、FSPのあれこれ
IBM LTO7ドライブ・オートローダー営業活動終了の影響と注意点
IBM LTO7ドライブ・オートローダー営業活動終了の影響と注意点
あなたにオススメの連載
できるIBM i 温故知新編
5記事
できるIBM i 温故知新編
IBM i の”新”必須言語 〜FFRPG入門〜
14記事
IBM i の”新”必須言語 〜FFRPG入門〜
IBM i アプリの第二の柱 OSS
15記事
IBM i アプリの第二の柱 OSS
PAGE TOP