未知への脅威の対策とデータ復旧のための最後の砦 | IBM i 総合情報サイト iWorld(アイワールド)
【募集】
イベント イベント
2023.02.21
SHARE
  • twitter
  • facebook
  • hatena

未知への脅威の対策とデータ復旧のための最後の砦

この度、ランサムウェア等のサイバー脅威への対策をご検討中のお客様を対象にしたWebセミナーを開催いたします。
ランサムウェアなどのサイバー攻撃の増加・巧妙化により、日本でも多くの組織・企業で、従来型のアンチウィルスだけではなく、次世代型アンチウィルスやEDRのような高い検知を誇る製品をもすり抜けたサイバー攻撃の被害が報告されています。被害を受けた組織・企業の中には、データ復旧に時間を要したことにより、業務停止に至ったケースもあります。
日々増加・巧妙化する脅威に対しては『予防ファースト』の対策が有効であると考えます。本セミナーでは、これら未知の脅威に対して、エンドポイントセキュリティに予防ファーストがなぜ重要なのかを再認識していただきます。
また、万が一、サイバー攻撃の被害に遭ってしまった場合の対策には、データ保管にエアギャップを設けることが重要だと言われています。エアギャップの重要性を解説するとともに、データ復旧における課題や解決策についてお話しいたします。

開催概要

 
テーマ 未知への驚異の対策とデータ復旧のための最後の砦
日時 2023年2月21日(火) 14:00~15:00
(受付開始:13:45~)
対象者 ランサムウェアなど、サイバー脅威への対策をご検討中の方
参加費 無料
開催形式 Zoomウェビナーによる配信
主催 情報技術開発株式会社
共催 株式会社イグアス
お申込み https://tdi.smktg.jp/public/seminar/view/4184

プログラム

1 サイバー攻撃の脅威トレンドと「Deep Instinct」による
エンドポイントセキュリティ強化

情報技術開発株式会社
営業本部 iDC&セキュリティ推進部
川島 花保
2 ランサムウェア対策でのエアギャップの重要性
~システム復旧の最後の砦~

株式会社イグアス
テクノロジー・ソリューション事業部 エバンジェリスト
野澤 照幸
3 質疑応答

お問い合わせ・詳細・お申込みはこちらから!
https://www.tdi.co.jp/information/seminar/20230124

いいねと思ったらシェア
twitter
facebook
hatena
関連記事
IBM Power8ユーザー必見!「EOS その後のインフラ選択のポイント」
IBM Power8ユーザー必見!「EOS その後のインフラ選択のポイント」
【開催終了】iEVO 2022 -モダナイゼーション再考:あなたのIBM i がDXの基盤に!-
【開催終了】iEVO 2022 -モダナイゼーション再考:あなたのIBM i がDXの基盤に!-
経理業務のペーパーレス化を実現!電子帳簿保存法やインボイス制度にも対応する方法とは? IBM iユーザ様向け、クラウドサービス連携で経理業務をDX
経理業務のペーパーレス化を実現!電子帳簿保存法やインボイス制度にも対応する方法とは? IBM iユーザ様向け、クラウドサービス連携で経理業務をDX
あなたにオススメの連載
できるIBM i 7.4解剖
14記事
できるIBM i 7.4解剖
IBM i の”新”必須言語 〜FFRPG入門〜
14記事
IBM i の”新”必須言語 〜FFRPG入門〜
Windows10待ったなし!どうする5250徹底検証
4記事
Windows10待ったなし!どうする5250徹底検証
PAGE TOP