緊急開催!オンラインイベントのご案内 IBMでサイバーセキュリティ対策を強化最新のPower10セキュリティ機能で「ゼロトラスト」を実現 | IBM i 総合情報サイト iWorld(アイワールド)
【募集】
イベント イベント
2022.03.04
SHARE
  • twitter
  • facebook
  • hatena

緊急開催!オンラインイベントのご案内 IBMでサイバーセキュリティ対策を強化
最新のPower10セキュリティ機能で「ゼロトラスト」を実現

緊急開催!オンラインイベントのご案内 IBMでサイバーセキュリティ対策を強化:最新のPower10セキュリティ機能で「ゼロトラスト」を実現

現在、あらゆるビジネスエリアにおいて、サイバーセキュリティ対策が最も重要視されています。IBMの最新CPUであるPower10は、先進のセキュリティー機能を実装し、お客様のビジネスに「ゼロ・トラスト・セキュリティー」を実現します。 サイバー攻撃からの回復には、膨大なコストと時間を要し、企業の業績にも多大な影響を与えます。あらゆる侵入を回避するためのセキュリティ機能・ツールを有効利用してセキュリティ・リスクを最小化することが求められています。

今回、米国IBMのセキュリティ分野のエキスパートにより、お客様が直面する実際のセキュリティの課題に直接関連する最新情報をご説明し、お客様からの質問にお答えします。また、あらゆる組織が対象となる、無料の「サイバー回復力ワークショップ」をご紹介いたします。

開催概要

開催日時 (東京) 2022年 3月4日 金曜日 12:00-13:30
開催方式 オンライン・セミナー
参加費用 無料
公演言語 英語
同時通訳チャンネル(音声のみ) https://ibm.webex.com/meet/no1power
(講演URLとは別に接続ください)
お申込みサイト ibm.biz/power10-security-webinar-pm

講師紹介

Sridhar Muppidi
IBMフェロー、VP、CTO IBM Security
Sridhar Muppidi博士は、セキュリティの脅威に対する防御を管理し、デジタル資産を保護するのを支援するために、IBM Securityの製品およびサービスのポートフォリオの技術戦略、アーキテクチャー、および調査を推進する最高責任者です。
セキュリティ製品の構築、クライアントへのソリューションアーキテクチャの提供、オープンスタンダードの推進、および技術チームの主導において25年の経験を持つ、結果指向の技術的思考のリーダーです。テクノロジーのビジョンとビジネスへの洞察力を融合させ、企業のデジタルトランスフォーメーションに革新的なセキュリティソリューションをもたらした実績を持つ、業界で認められた技術リーダーです。
過去10年間、IBM Securityビジネスユニットを世界最大の規模に拡大することに注力してきました。
テキサス州A&M大学でコンピューターサイエンスの博士号を取得し、現在はTAMUの取締役を務めています。彼はIBMのマスターインベンターで、50以上の特許を取得しており、数多くの技術記事、ブログ、会議、ジャーナルを公開しています。さらに、Sridharはオープンセキュリティイニシアチブに注力しています。
imitrios Pendarakis
IBM Power、技術理事、Chief Security Officer
Dimitrios Pendarakisは、IBM Distinguished Engineer(技術理事)であり、IBMPowerの最高セキュリティ責任者です。この役割において、ハードウェア、ファームウェア、システムソフトウェア、およびクラウドオファリングでのIBM Powerのセキュリティ戦略とロードマップの策定と実行を、開発およびオファリング管理組織、エコシステムパートナー、およびその他のIBMビジネスユニットと協力して、ご支援いたします。
20年以上の間、IBMのシステムとサービス全体で重要なイノベーションを推進することに尽力してきました。
ネットワーキングとセキュリティの研究における初期の業績は、主にインターネットポリシー制御とアプリケーション層マルチキャストの領域の定義です。 ニューヨーク州コロンビア大学で修士号と博士号を取得しています。60を超える特許を保有しており、彼の技術的思考のリーダーシップで、業界に影響力のある多くの技術出版物を発信しています。
いいねと思ったらシェア
twitter
facebook
hatena
あなたにオススメの連載
できるIBM i 7.4解剖
14記事
できるIBM i 7.4解剖
IBM i の”新”必須言語 〜FFRPG入門〜
14記事
IBM i の”新”必須言語 〜FFRPG入門〜
Windows10待ったなし!どうする5250徹底検証
4記事
Windows10待ったなし!どうする5250徹底検証
PAGE TOP