災害対策、障害対策のためのレプリケーションセミナー@大阪7/9 | IBM i 総合情報サイト

災害対策、障害対策のためのレプリケーションセミナー@大阪7/9


昨年、関西では大阪北部地震や台風21号がライフラインを直撃して、広域に渡る停電も発生いたしました。

政府の地震調査研究推進本部によると、南海トラフ地震は今後30年以内の発生確率が70%程度と想定されており、引き続き予断を許さない状況です。

各企業、施設様におかれましては、経営計画の中に事業継続計画(BCP)を取り上げられてるところも少なく無く、ITシステムに対する対策もご検討、実施されていることと拝察いたします。

本セミナーでは災害や機器障害による業務システム停止を出来るだけ小さくするために、予備系のバックアップシステムに複製(レプリケーション)をとり、本番系システムが停止してもサービスを継続するソリューションをご紹介させていただきます。

また、バックアップシステムを設置するデータセンターとして、岡山のデータセンターをご紹介させていただきます。

 

セミナー概要

主催 :
スターコンピューターサービス株式会社

共催 :
Maxava株式会社、株式会社クライム、株式会社TOKAIコミュニケーションズ

協賛 :
日本アイ・ビー・エム株式会社

日時 :
2019年 7月 9日(火)14:00~16:30 (受付開始:13:30から)

会場 :
日本アイ・ビー・エム(株) 大阪事業所 セミナールーム[ Makers Studio ]
中之島フェスティバルタワー・ウエスト13階 地図

 

プログラム

こちらのイベントは開催終了いたしました。

 

お問い合わせ

スターコンピューターサービス株式会社

TEL:06-6417-3141
MAIL:SCS_help@shiraishi.co.jp

Copyright © IGUAZU