WAS V8.5 と JDK 7.0/7.1 の組合せは2022年7月以降サポート終了 | IBM i 総合情報サイト

WAS V8.5 と JDK 7.0/7.1 の組合せは2022年7月以降サポート終了


WAS V8.5 と JDK 7.0/7.1 の組合せは2022年7月以降サポート終了

2022年6月7日

原則として、IBM WebSphere Application Server Traditional 製品は、IBM i OS のサポートされているバージョンでのみサポートされます。 現在使用している IBM i OS の VRM がサポート切れである場合、または延長サポート契約を結んでいない場合、IBM WebSphere Application Server Traditional のサポートは提供されません。

現在サポートされているWAS製品は以下の通りです。
WebSphere Application Server Traditional v9.0 with JDK 8.0 – FULL SUPPORT
WebSphere Application Server Traditional v8.5 with JDK 8.0 – FULL SUPPORT
WebSphere Application Server Traditional v8.5 with JDK 7.0/7.1 – FULL SUPPORT – 2022年7月でサポート終了予定!!!
WebSphere Application Server Traditional v8.5 with JDK 6.2.6 – NO SUPPORT – 2017年12月31日でサポート終了

WAS V8.5 を JDK 7.0/7.1 で使用されている環境は、2022年7月以降サポート終了となります。WAS V8.5 をお使いのお客様は、8.5.5.22 Fix Pack バージョンから Java SE 8 に製品およびプロファイルを変更する必要があります。


How To Change WebSphere Application Server v8.5.x Product and Profiles To Use JDK 8.0 on IBM i OS


How To Change WebSphere Application Server v8.5.x Product and Profiles To Use JDK 8.0 on IBM i 7.4 OS


Support of Java Development Kit (JDK) 8.0 on the IBM i OS


How to use the ‘managesdk’ command with WebSphere Application Server (WAS) v8.0 and later on the IBM i

参考情報

以下は、IBM i OS 上で現在サポートされている IBM WebSphere Application Server Traditional のバージョンを要約した表となります。

より詳細な情報はこちらをご参照ください。
Official Support Statement for the IBM WebSphere Application Server Product on the IBM i OS
https://www.ibm.com/support/pages/node/645523?myns=ibmi&mynp=OCSWG60&mync=E&cm_sp=ibmi-_-OCSWG60-_-E

Copyright © IGUAZU