「ITIC 2022年世界サーバー・ハードウェア、サーバーOS信頼性調査」公開 | IBM i 総合情報サイト iWorld(アイワールド)
NEWS
IBM i トレンド IBM i トレンド
2022.12.14
SHARE
  • twitter
  • facebook
  • hatena

「ITIC 2022年世界サーバー・ハードウェア、サーバーOS信頼性調査」公開

「ITIC 2022年世界サーバー・ハードウェア、サーバーOS信頼性調査」公開
「ITIC 2022年世界サーバー・ハードウェア、サーバーOS信頼性調査」公開: セキュリティとサプライチェーンの課題はあるものの、IBM、Lenovo、HPE、Huaweiのサーバーが最も高い信頼性を維持

By Laura DiDio
2022年12月13日

2022年のITIC調査によると、zSystemsメインフレームとLinuxONE IIIは、年間3.15秒/サーバー/分を記録し、IBMサーバーは最も信頼できるサーバーとなりました。

zSystems、IBM LinuxONE III、IBM Power Systemsは、14年連続で18のメインストリーム ディストリビューションの中で最高の稼働率評価を獲得し、Lenovo ThinkSystemサーバーは、過去8年半連続ですべてのx86ベースのサーバー プラットフォームでトップの稼働率統計値を記録しています。

zSystems メインフレームおよび LinuxONE III サーバーの顧客の約 96% が、7 ナイン (99.99999%) の真のフォールトトレラント信頼性と可用性を記録し、サーバーあたりの月間予定外停止時間は 0.0043 分とほとんど感知できないほどでした。これは、サーバー1台あたりの年間計画外ダウンタイムが3.15秒に相当します。

これらの統計を整理すると、zSystemsとIBM LinuxONEの企業では、計画外のサーバー停止に費やしている費用は、ラテとビスコッティの値段よりも安く、1ヶ月あたりわずか7.18ドルとなります。

中西部に拠点を置く米国の全国的な金融機関のIT担当副社長は、「サーバー1台あたりの予定外のダウンタイムが0.0043秒というのは、あまりにも一瞬で、私たちはそれに気づかず、日常業務に知覚できるほどの影響を与えません」と述べています。IBM Zは “ゼロダウンタイム “を実現しており、これは銀行でお金を稼ぐようなものです」と、この役員は述べています。

IBM Power Systems の顧客の 93% が、このサーバーがシステムの信頼性と可用性において最低でも 5 ナイン(99.999%)と 6 ナイン(99.9999%)を達成したと報告しています。IBM POWER8、POWER9、Power10 サーバーは、サーバーあたりの月間計画外ダウンタイムがそれぞれわずか 1 分でした。

Lenovo ThinkSystemサーバーは、ほぼ9年連続で、すべてのx86ハードウェア・ディストリビューションの中で最高の信頼性を獲得し、これに肉薄しています。92% の Lenovo サーバーが信頼性 5 ナイン(99.999%)および 6ナイン(99.9999%)を達成し、サーバーあたりの月間予定外停止時間はわずか 1 分 – 1.10 秒でした。Huawei KunLunおよびFusionサーバー、HPE Superdome、Cisco UCSハードウェア(順に)が、最も信頼性の高いサーバープラットフォームの上位5位を占めました。

これは、ITIC 2022 Global Server Hardware, Server OS Reliabilityの独立したWebベースの調査結果です。これは、2022年7月から11月にかけて、オンプレミスおよびクラウドベースの主要なメインストリームサーバーの信頼性、パフォーマンス、セキュリティについて、世界30の垂直市場セグメントにわたる世界1,550の企業を対象に調査したものです。客観性を保つため、ITICはベンダーのスポンサーシップを一切受け入れませんでした。

サーバー1台あたりの月間計画外停止時間

▲図1. サーバー1台あたりの月間計画外ダウンタイム(単位:分)
出典:ITIC 2022 Global Server Hardware, Server OS Reliability Survey

図1が示すように、ファーウェイのKunLunおよびFusionプラットフォームも、サーバーあたりの月間計画外停止時間がそれぞれ1.27分となり、アップタイムが向上しています。HPEのハイエンドミッションクリティカルなSuperdomeプラットフォームも信頼性のスコアを伸ばし続け、サーバー1台あたりの月間不測のダウンタイムは平均1.44分となっています。CiscoのUCSサーバーも、ITICの前回のグローバルサーバーハードウェア、サーバーOS信頼性調査で記録したサーバー1台あたりの月間予定外停止時間2分と同じで、厳しい状況を維持しています。とはいえCisco社のサーバーは、しばしば攻撃の第一線となるネットワークのエッジ/境界に設置されることが多いため、これは注目に値します。

IBM、レノボ、HPE、ファーウェイを筆頭とするサーバー信頼性上位ベンダーのサーバーセキュリティは最強で、データ侵害の成功件数もセキュリティ関連インシデントによるダウンタイムも最少でした。

アップタイムの4ナインと5ナインには大きな差があります。信頼性4ナインは、サーバー1台あたりの年間計画外ダウンタイムが52.56分に相当します。一方、信頼性5ナインでは、サーバー1台あたりの年間不測のダウンタイムがわずか5.26分に相当します。

規模の経済(Economies of Scale)

図 2 が示すように、最も信頼性の高いサーバーは、zSystems (IBM Z)、IBM LinuxONE III、IBM Power、Lenovo ThinkSystem、Huawei KunLun、HPE Superdome(この順)で、最高のスケールメリット、最も低い総保有コスト(TCO)、即時またはほぼ即時の投資収益率(ROI)が実現されています。

▲図2. zSystems(IBM Z)、IBM Power Systems、Lenovo ThinkSystemの3社が最も経済的
出典:ITIC Global Server Hardware Server OS Reliability Survey 2022

Dell、Inspur、HPE ProLiant、ノーブランドのホワイトボックスサーバーの顧客など、その他の主流のサーバーディストリビューションでは、ITICの2021 Global Reliability調査による計画外停止レベルと同じか、過去1年間にサーバーあたり毎月1分から2分の追加サーバーダウンタイムのわずかな増加を記録しています。
このようなわずかとも思える計画外ダウンタイムの増加は、企業の収益に重大かつマイナスの影響を与える可能性があります。特に、オンプレミスのデータセンターにある複数のサーバーや、ネットワークエッジ、仮想化されたクラウド環境で稼働しているサーバーが停止すると、日常業務に支障をきたし、大きな損害が発生する可能性があります。

可用性、コスト、その他の調査ハイライト

その他、最も注目すべき調査結果としては

  • サーバーの可用性:メインフレームの顧客の 96% が、7 ナインまたはそれ以上、つまり 99.99999% 以上の信頼性と連続稼働率という比類なきフォールトトレラントレベルを達成したと回答してい ます。IBMのPower Systemsは、93%の顧客がPOWER9と最新のPower10モデルで最低でも5ナインと6ナインの可用性と稼働時間を実現したと報告しており、これに肉薄しています。一方、Lenovo ThinkSystemでは92%、Huawei KunLunとHPE Superdomeでは90%の企業が、それぞれ最低でも5ナインと6ナインのサーバー可用性を実現していると回答しています。
  • 費用対効果/TCO:最も信頼性の高い IBM z14、z15、z16、IBM LinuxONE および POWER8、POWER9、Power10 サーバーは、最も堅牢な信頼性とシステムの可用性を提供します。z14、z15、z16 サーバーおよび LinuxONE ソリューションにおける、サーバー1台あたりの月間予定外ダウンタイム1分間を10万ドルとして計算すると、企業顧客のコストはわずか7.18ドルです。IBM POWER8、POWER9、Power10 1台における1分間の予定外のダウンタイムを時間当たり10万ドルで計算すると、1,670ドルのコストがかかります。
  • Lenovo ThinkSystemサーバーは、すべてのx86サーバー・ディストリビューションの中で最高のアップタイムと可用性を提供し、サーバーあたりの月間計画外ダウンタイムは平均1.10分となっています。1時間当たりのダウンタイム損失を10万ドルと仮定すると、Lenovo ThinkSystemサーバーのサーバー当たり/1分間のダウンタイムは、企業にとって1分当たり1,837ドルのコストとなる可能性があります。
  • HPE のハイエンド Superdome サーバーも高い信頼性を記録し、アップタイムの改善を続けています:顧客からの報告によると、サーバー 1 台あたりの月間予定外ダウンタイムは 1.44 分です。10万ドルのコストで1時間のダウンタイムを見積もった場合、サーバー1台あたり2,404ドルの潜在的な損失が発生することになります。
  • ノーブランドのホワイトボックスサーバーは、サーバー1台あたりの月間計画外ダウンタイムが平均59分と引き続き最も高く、経済性・信頼性が最も低い結果となりました。これは、ITICの2021年信頼性調査と比較して、サーバー1台あたり2分増加したことになります。これは、1時間当たりのダウンタイムの損失を10万ドルと計算した場合、98,530ドルのコストを企業にもたらす可能性があるのです。
  • セキュリティハック、データ侵害が急増:ITICの最新の調査データによると、2年前のCOVID-19の流行開始以来、セキュリティハックと標的型データ漏洩が51%急増した。調査回答者の78%は、計画外ダウンタイムの主な原因としてセキュリティを挙げています。
  • ヒューマンエラー:回答企業のほぼ3分の2(65%)は、ヒューマンエラー(設定ミスやプロビジョニングミスなど)が計画外のサーバー停止を引き起こしたと回答しています。
  • IT管理の課題:調査参加者の約64%が、ダウンタイムの増加の原因は、リモートワークや遠隔学術学習などの問題に関連する管理とセキュリティの問題であると述べています。
  • 82%の企業が、セキュリティは最大の課題であると回答しています:ネットワーク・エコシステム全体において、標的型攻撃やデータ侵害が増加し続けていると企業は述べています。ITICの調査回答者の82%は、今後12ヶ月以内にセキュリティ侵害が発生する可能性が高いと懸念しています。

ビジネスニーズに応える信頼性の高いサーバーを選択する

企業は、時間や場所に関係なく24時間365日ビジネスを行うために、サーバー、アプリケーション、デバイス、ネットワークなどのネットワークインフラにほぼ全面的に依存しています。

そのため、ダウンタイムに対する耐性がほとんどなく、リスクを極端に嫌う傾向があります。企業は、継続的かつ中断のない安全なデータアクセスを確保し、法令遵守を維持し、リスクを許容レベルまで軽減するために、最も信頼性が高く、堅牢なサーバーを必要としています。

インテリジェントなシステムとネットワークが相互に接続されたデジタル時代には、たとえ数分でも計画外のダウンタイムは高くつき、破壊的な影響を及ぼします。停電はエコシステム全体に波及し、壊滅的な結果をもたらす可能性があります。データセンター、仮想化されたパブリッククラウド、プライベートクラウド、ハイブリッドクラウド、リモートワークや学習環境、インテリジェントネットワークエッジなどが含まれます。また、ピーク時の利用時間は拡大しており、多くの企業はタイムゾーンに関係なく、24時間365日世界中でビジネスを展開しています。

ITICの最新の「時間当たりのダウンタイムコスト」調査によると、中堅企業および大企業の91%が、1時間のサーバーダウンタイムで、30万ドル以上の潜在的損失を被る可能性があることがわかりました。また、この91%の企業のうち、約半数の44%の企業が、1時間当たりのダウンタイム費用は100万ドルから500万ドル以上と回答しています。

2023年に向けて、インフレは上昇を続け、サプライチェーンの混乱はインフラやネットワーク・エコシステムの安定性に対する現実的な脅威となっています。

そのため、企業は最も信頼性の高いサーバーインフラを構築することをお勧めします。IBM、Lenovo、Huawei、HPE、Ciscoのサーバーは、最高のパフォーマンス、信頼性、セキュリティ、そしてすべてのサーバーディストリビューションの中で最も経済的なTCOと最速のROIを提供し続けています。

いいねと思ったらシェア
twitter
facebook
hatena
関連記事
POWER8搭載機の保守サービス終了日の発表
POWER8搭載機の保守サービス終了日の発表
IBM Communityで「IBM i技術者の広場」活動メンバー募集中!
IBM Communityで「IBM i技術者の広場」活動メンバー募集中!
2022年11月22日付 IBM Power製品の価格改定の発表
2022年11月22日付 IBM Power製品の価格改定の発表
あなたにオススメの連載
できるIBM i 7.4解剖
14記事
できるIBM i 7.4解剖
IBM i の”新”必須言語 〜FFRPG入門〜
14記事
IBM i の”新”必須言語 〜FFRPG入門〜
Windows10待ったなし!どうする5250徹底検証
4記事
Windows10待ったなし!どうする5250徹底検証
PAGE TOP