POWER9 スケールアウトサーバーの更新 | IBM i 総合情報サイト

POWER9 スケールアウトサーバーの更新


AIXの専門家Jaqui Lynchが最新のPOWER9サーバーの技術仕様を提供します。

Jaqui Lynch
2020年8月18日

2020年7月28日、IBMはスケールアウトPOWER9サーバー、S914、S922、およびS924の更新を発表しました。これらのモデルのコアは更新され、すべての内部スロットがPCIe 4スロットになりました。

新しいGモデルPOWER9スケールアウトサーバーの技術仕様


9009-41G-S914

これは、4、6、または8コアの1ソケット4Uシステムです。4および6コアのオプションは2.3〜3.8 GHzコアで、8コアオプションは2.8〜3.8 GHzコアです。デフォルトでは、システムは最高速のGHz設定を使用する最大パフォーマンスモードで実行されます。

S914には16個のDIMMスロットがあり、最大1TBのメモリを提供します。6コアおよび8コアシステムは、最大1 TBの16 GB、32 GB、または64 GB DIMMをサポートします。4コアは64 GBに制限されています(2または4 x 16GBまたは2 x 32GB DIMM)。DIMMの速度は、DIMMのサイズに応じて、2133、2400、および2666 Mbpsの間で変化します。S914には8つのフルハイトPCIe Gen4スロットが付属しています。1つのスロットは、必要な基本LANアダプター用です。残りの2つのスロットはCAPI対応です。

S914には複数のバックプレーンオプションが選択可能で、これらは利用可能なディスクベイの数に影響します。内部ディスクからVIOサーバーを起動する場合は、EJ1C 12ディスクバックプレーンとオプションのスプリットEJ1Eカードを用意して、各VIOがディスクの半分を所有するようにするか、4つのNVMe ドライブを使用することが重要です。メンテナンスの前に複製できるように、各VIOに2つのドライブがあることを確認してください。

9009-42G-S924

S924は、最大24コアをサポートする1または2ソケットの4Uシステムです。コアオプションは、3.8〜4.0 GHzで8または16コア、3.5〜3.9 GHzで10または20コア、3.45〜3.9 GHzで11または22コア、または3.4〜3.9 GHzで12または24コアです。

S924には、ソケットあたり最大32のDDR4 RDIMMスロットが16個あります。16GB、32GB、64GB、128GBのDIMMをサポートし、システムあたりのソケットあたり最大2TBまたは最大合計4TBを提供します。両方のソケットを使用する場合、S924には11個のフルハイトPCIe Gen4スロットが付属しています。1つのスロットは、必要な基本LANアダプター用です。残りの4つのスロットはCAPI対応です。ソケットが1つだけ装着されている場合、8つのスロットがあり、そのうち2つはCAPI対応です。S914と同様に、分割バックプレーンやNVMEオプションなど、複数のバックプレーンオプションがあります。

9009-22G-S922

S922は、最大22コアをサポートする1または2ソケットの2Uシステムです。シングルコアまたは4コア(2.8〜3.8GHz)の1つのソケットを使用するオプションがあります。他のコアオプションは、それぞれ2.8〜3.8 GHzで11コア、2.9〜3.8 GHzで10コア、または3.4〜3.9 GHzで8コアの1つまたは2つのソケットです。シングルコアオプションは、VIOサーバーなしでネイティブにIBM iを実行し、最大64GBのメモリを備えた費用対効果の高いIBM i システムになるように設計されています。後でアップグレードしてコアまたはメモリを追加することはできません。また、I / O拡張ドロワーをサポートしていません。8、10、または11コアのプロセッサーの場合、IBM i はVIOSで実行されている場合にのみサポートされます。各IBM i パーティションは4コアに制限されています。

S922には、ソケットごとに16個のDDR4 RDIMMスロットがあります(最大32スロット)。16GB、32GB、64GB、128GBのDIMMをサポートしており、ソケットあたり最大2TBまたはシステム全体で最大4TBを提供します。両方のソケットが装着されている場合、S922には11個のロープロファイルPCIe Gen4スロットが付属しています。1つのスロットは、必要な基本LANアダプター用です。残りの4つのスロットはCAPI対応です。ソケットが1つだけ装着されている場合、8つのスロットがあり、そのうち2つはCAPI対応です。S914と同様に、分割バックプレーンやNVMEオプションなど、複数のバックプレーンオプションがあります。

共通性


4Uサーバーには、サービスプロセッサー、ホットスワップおよび冗長冷却、前面に1つのUSB 3.0ポート、背面に2つ、2つのHMC 1Gbe RJ45ポート、19インチラックマウントハードウェアおよび4つのホットプラグ冗長電源が付属しています。どのシステムにも内部DVDがないため、USBフラッシュドライブを使用できない場合は、外部DVDドライブ(機能EUA5)を追加することをお勧めします。VIOSはフラッシュドライブからインストールできますが、VIOバックアップはサポートされていませんので、ここではDVDが役立ちます。2U S922は、前面に2つのUSB 3.0ポートと2つのホットプラス冗長電源を備えている点が異なります。

電力と冷却性能


S924には、4つの1400W 200-240V AC電源があります。S914は、100〜127Vまたは200〜240Vの900W電源オプション、または1400Wオプションを提供します。S914には、4 x 900W電源または2 x 1400W電源が必要です。S922には2 x 1400W電源装置があります。今回発表の3種類のサーバーはすべて6458電源コードを使用します。これは、C14はサーバー用、C13はPDU用になります。
各サーバーの最大動作環境情報は以下の通りです:

S922 6416 BTU /時
1880ワット
1.94KVa
単相200〜240V
S914 5461 BTU / 時
1600ワット
1.65KVa
単相100-127Vまたは200-240V
S924 9386 BTU / 時
2750ワット
2.835 KVA
単相200〜240V

3モデルのサーバーすべてが19インチラックに収まり、ラックマウントハードウェアが付属しています。サーバーに付属しているレールを使用することが重要です。電力を計画するときは、任意のPDUの最大消費を計画する必要があります。例として、典型的なL6-30P PDU は、最大24アンペアまたは4.99KVaを使用できます。S924を計画するときは、2つのPDUのそれぞれで2.835KVaを計画する必要があります。つまり、PDUに障害が発生しても、サーバーがそれにフェイルオーバーするのに十分な容量があることを意味します。

オペレーティング・システム


技術概要レッドブックのセクション2.9には、これら3つのサーバーでサポートされているIBM i 、AIX、VIOサーバー、およびLinuxのすべてのレベルがリストされています。サポートされるレベルは非常に最新であるため、古いLPRをアップグレードする必要がある場合があります。VIOサーバーの最低レベルは2.2.6.65および3.1.1.25です。VIOサーバーのすべての2.2.6レベルは2020年9月30日にサポートが終了するため、新しいサーバーには3.1.1.25をインストールすることをお勧めします。

プライベートクラウドと動的容量※


スケールアウト更新の発表の一部として、IBMは、エンタープライズプール2.0を拡張して、S924およびS922システムのプールにてプロセッサとAIXおよびIBM iのライセンスの共有を可能にするPower Systems Private Cloud Solutionも発表しました。プールの容量クレジットに対して引き落とすコアのアクティブ化の数を決定するのに、分単位の従量制リソースを使用します。ひとつのプールでは、S924で最大32のNADが、S922では最大1000個のLPAR(CMCが管理する場合)または512個のLPAR (HMCが管理する場合)をもつことができます。さらに、すべてのプロセッサが共有プロセッサプールにある必要があります。専用のプロセッサパーティションは許可されていません。発表では、これが実際にどのように機能するかについて詳しく説明されています。

※編集部注釈
IBM Power Systems Private Cloud Solution は、日本は対象外のため発表されておりません。
これは、前提となる Power Enterprise Pools 2.0 が日本未対応のためです。

まとめ


スケーラブルで強力なサーバープラットフォームを小さなパッケージで探しているなら、新しいGモデルのスケールアウトPOWER9サーバーは一見の価値があります。POWER7またはPOWER8からのサーバーの更新を計画している場合、これらの新しいサーバーは、優れたパフォーマンスと、統合およびプライベートクラウドのデプロイメントを支援する多くのオプションを提供します。ボード全体でPCIe 4スロットに移行すると、より多くのLPARをシステムに統合するにつれて、I / O要求に対応するためのデータ転送速度が向上します。これにより、コストを節約でき、正しく計画されていればパフォーマンスが向上します。

著者について

Jaqui Lynchは、IBM Z、UNIXシステムなどを含むベンダープラットフォーム全体のプロジェクトおよびOSでの作業に38年以上の経験があります。

Copyright © IGUAZU