NEWS
IBM i トレンド IBM i トレンド
2024.02.19
SHARE
  • twitter
  • facebook
  • hatena

【設定はお済ですか?】障害自動通知機能(Call Home)の接続先変更と機器設定変更

【設定はお済ですか?】障害自動通知機能(Call Home)の接続先変更と機器設定変更
【設定はお済ですか?】障害自動通知機能(Call Home)の接続先変更と機器設定変更

2024年2月19日

IBMの保守サービス・メニューのひとつである障害自動通知機能(Call Home)にて、IBM側のサーバーのIPアドレス変更に伴い、ご使用されている機器において設定変更が必要になることをご存じでしょうか?

すでに日本アイ・ビー・エム株式会社の保守部門からは昨年の11月にMy Notificationなどを通じてご案内が出ておりますが、その設定変更の期日が2024年2月29日(木)と迫っております。
3月のIPアドレス変更後もCall Homeの機能をお使いいただけるよう、対応がまだの方は急ぎ設定変更をお勧めいたします。

概要

障害自動通知機能(以下、Call Home) と、システムのソフトウェア、ハードウェア、およびオペレーティング システムの修正プログラムの電子ダウンロードをサポートしているIBM サーバーのパブリック インターネット IP アドレスが変更されます。
この変更は、Call Homeおよび修正ダウンロードのためにIBMへ接続するすべて製品に関係します。
Call Homeと修正ダウンロードサービスを継続してご利用頂くために、下記の【対応内容】について対応が必要となります。

対象製品

Call Home機能を有するIBMハードウェア製品(下記表2参照)

対応内容

  • 下記新規IPアドレスのファイアウォールへの登録 (期限:2024/2/29)
    (IP V4) 192.148.6.11 および 170.225.123.67
    (IP V6) 2620:1f7:c010:1:1:1:1:11
    • ファイアウォール未使用のお客様は対応不要です
    • 2024/3/1以降、新IPアドレスでの接続のみとなるため、Call Homeによる通知ができなくなります
  • DNS接続への変更(DNS有効化) (期限:2024/11/31)
    2024/11/1移行、DNSによる接続のみとなります

※既に登録済みのCall Home用ファイアウォール ルールの変更や削除は2024/11/1まで実施しないでください。

表1:変更内容詳細

ホスト名 現行 IP アドレス
(IPv4 および IPv6)
ファイアーウォールに
追加が必要な
新しい IP アドレス
(IPv4 および IPv6)
説明
esupport.ibm.com 129.42.21.70
2607:f0d0:3901:33:129:42:21:70
192.148.6.11
2620:1f7:c010:1:1:1:1:11
2024/2/29までに新しいIPアドレスをファイアウォールへ追加
– 2024/3/1以降、現行IPアドレスによる通信不可
129.42.56.189
2620:0:6c4:200:129:42:56:189
129.42.60.189
2620:0:6c4:200:129:42:60:189
esupport.ibm.com 未使用 170.225.123.67 *2024/3/1までにDNS移行出来ない環境限定*
このIPアドレスは、静的IPアクセスからDNSアクセスへの移行を容易にするための暫定アドレスで、2024/11/1以降は使用不可になります。したがいまして、ファイアウォールへの追加アドレスはこのアドレスに加えて”192.148.6.11”も必要となります。

2024/2/29までに新IP addressをファイアウォールへ追加
2024/10/31までにDNS接続を有効
www-945.ibm.com
www-945.ibm.com 129.42.42.224
2620:0:6c2:1::1000
192.148.6.11
2620:1f7:c010:1:1:1:1:11
2024/2/29までに新IP addressをファイアウォールへ追加
– 2024/3/1以降、現IP addressによる通信不可
www-945.ibm.com 129.42.26.224
2620:0:6c0:1::1000

対応内容補足

ファイアウォール未使用のお客様は対応不要です
今までCallHome用のIPアドレスに対してファイアウォールで明示的に通信許可を設定されている方が対象です。
新しいIPアドレスへも通信許可を行う設定追加が必要となります。
そのような設定がない場合や、ファイアウォールを未使用の場合、この設定変更は発生致しません。

※既に登録済みのCall Home用ファイアウォール ルールの変更や削除は2024/11/1まで実施しないでください。

>DNS接続への変更(DNS有効化) (期限:2024/11/31)
CallHome機能等ご利用中の各機器の管理画面上で発生する変更は、DNS設定が未設定である場合にDNS設定をお願い致します。
各機器のGUI管理画面等にて、インターネット上にあるCallhome用のサーバー名の名前解決ができるDNSの登録設定をお願い致します。

サンプル画面:PowerHMCにおけるDNS設定
HMC上
コンソール管理
 >コンソール設定
  >ネットワーク設定の変更
   >ネーム・サービス

※画面イメージはHMC V9のケースであり、コードレベルにより画面表示や操作遷移が異なります事をご了承ください

変更手順や詳細は、以下Webサイトをご参照ください(英文原文)
https://www.ibm.com/support/pages/node/6853429

対象機器詳細

Call Home機能を有するIBMハードウェア製品

表2:対象製品(2023年10月5日現在)

Risk Classification Product Component Platform Version
HIPER AIX Platform
Independent
All Versions
HIPER AIX 7.2 HIPERS,
APARs and Fixes
Platform
Independent
All Versions
HIPER AIX 7.3 HIPERS,
APARs and Fixes
Platform
Independent
All Versions
HIPER Hardware
Management
Console (7063-CR2)
Platform
Independent
All Versions
HIPER Hardware
Management
Console V10
Platform
Independent
All Versions
HIPER Hardware
Management
Console V8
Platform
Independent
All Versions
HIPER Hardware
Management
Console V9
Platform
Independent
All Versions
HIPER IBM Cloud Pak
System Software
Platform
Independent
All Versions
HIPER IBM Cloud Pak
System Software
Suite
Platform
Independent
All Versions
HIPER IBM Cloud Pak
System W3500
Platform
Independent
All Versions
HIPER IBM Cloud Pak
System W3550
Platform
Independent
All Versions
HIPER IBM Cloud Pak
System W3700
Platform
Independent
All Versions
HIPER IBM Cloud Pak
System W4600
Commercial for
VMware
Platform
Independent
All Versions
HIPER IBM Cloud Pak
System W4600
Intel Commercial for
RedHat
Platform
Independent
All Versions
HIPER IBM Cloud Pak for
Applications
Platform
Independent
All Versions
HIPER IBM Cloud Pak for
Automation
Platform
Independent
All Versions
HIPER IBM Cloud Pak for
Data System
Cloud Pak for
Data System
Platform
Independent
All Versions
HIPER IBM DS8000 Platform
Independent
All Versions
HIPER IBM Integrated
Analytics System
IBM Integrated
Analytics System
->IIAS Administration
->Callhom
Platform
Independent
All Versions
HIPER IBM Integrated
Analytics System
M4002-001
IBM Integrated
Analytics System
->IIAS Administration
->Callhome
Platform
Independent
All Versions
HIPER IBM LinuxONE

(3932-AGL)
Platform
Independent
All Versions
HIPER IBM LinuxONE

(3932-LA2)
Platform
Independent
All Versions
HIPER IBM LinuxONE

Emperor (2964-L30)
Platform
Independent
All Versions
HIPER IBM LinuxONE
Emperor (2964-L63)
Platform
Independent
All Versions
HIPER IBM LinuxONE
Emperor (2964-L96)
Platform
Independent
All Versions
HIPER IBM LinuxONE
Emperor (2964-LC9)
Platform
Independent
All Versions
HIPER IBM LinuxONE
Emperor (2964-LE1)
Platform
Independent
All Versions
HIPER IBM LinuxONE
Emperor 4 (3931-LA1)
Platform
Independent
All Versions
HIPER IBM LinuxONE
Emperor II (3906-LM1)
Platform
Independent
All Versions
HIPER IBM LinuxONE
Emperor II (3906-LM2)
Platform
Independent
All Versions
HIPER IBM LinuxONE
Emperor II (3906-LM3)
Platform
Independent
All Versions
HIPER IBM LinuxONE
Emperor II (3906-LM4)
Platform
Independent
All Versions
HIPER IBM LinuxONE
Emperor II (3906-LM5)
Platform
Independent
All Versions
HIPER IBM LinuxONE
Rockhopper II (3907-LR1)
Platform
Independent
All Versions
HIPER IBM Power Systems Platform
Independent
All Versions
HIPER IBM Spectrum LSF Platform
Independent
All Versions
HIPER IBM Spectrum Scale Platform
Independent
All Versions
HIPER IBM Spectrum
Virtualize Software
Platform
Independent
All Versions
HIPER IBM Spectrum
Virtualize Software
for SAN Volume
Controller
Platform
Independent
All Versions
HIPER IBM TS7700 Platform
Independent
All Versions
HIPER IBM WebSphere
Automation for
IBM Cloud Pak
for Watson AIOps
Platform
Independent
All Versions
HIPER IBM Z LinuxONE
Emperor III (8561-LT1)
Platform
Independent
All Versions
HIPER IBM Z LinuxONE
Emperor III (8562-LT2)
Platform
Independent
All Versions
HIPER IBM i Platform
Independent
All Versions
HIPER IBM z13 (2964-N96) Platform
Independent
All Versions
HIPER IBM z13s Platform
Independent
All Versions
HIPER IBM z14 MT 3906 Platform
Independent
All Versions
HIPER IBM z14 MT 3907 Platform
Independent
All Versions
HIPER IBM z15 (8561-T01) Platform
Independent
All Versions
HIPER IBM z15 (8562-T02) Platform
Independent
All Versions
HIPER IBM z16 (3931-A01) Platform
Independent
All Versions
HIPER IBM z16 (3932-A02) Platform
Independent
All Versions
HIPER IBM z16 (3932-AGZ) Platform
Independent
All Versions
HIPER IBM zEnterprise
BC12
Platform
Independent
All Versions
HIPER IBM zEnterprise
EC12
Platform
Independent
All Versions
HIPER Power System E1080
Server (9080-HEX)
Platform
Independent
All Versions
HIPER Power System E870
Server (9119-MME)
Platform
Independent
All Versions
HIPER Power System E980
Server (9080-M9S)
Platform
Independent
All Versions
HIPER Power System S814
Server (8286-41A)
Platform
Independent
All Versions
HIPER Power System S822
Server (8284-22A)
Platform
Independent
All Versions
HIPER Power System S824
Server (8286-42A)
Platform
Independent
All Versions
HIPER Power System S914
Server (9009-41A)
Platform
Independent
All Versions
HIPER Power System S922
Server (9009-22A)
Platform
Independent
All Versions
HIPER Power System S924
Server (9009-42A)
Platform
Independent
All Versions
HIPER PowerVM Virtual I/O
Server
Platform
Independent
All Versions
HIPER PureData System
Analytics (8280-A22)
Netezza Performance Server
->NPS Platform
->Call home,
PureData System for
Analytics
->PDA Platform
->Call Home
Platform
Independent
All Versions
HIPER TECHNICAL
SUPPORT
APPLIANCE
Platform
Independent
All Versions
HIPER TS4500 Tape Library
(3584)
Platform
Independent
All Versions
HIPER Tape drives and
libraries
Platform
Independent
All Versions
Cross-reference information

FAQ

Q1: 当件がMy Notificationで通知された時期はいつ頃でしょうか?
A1: 最初のご案内は2022年5月です。その後複数回の案内を経て最新のご案内は10月6日頃に送信されております。

Q2: Call Home設定の変更はハードウェア保守の範囲ですか?(CEへ依頼して変更作業は可能?)
A2: Non-CSU製品についてはIBM技術員が対応しますが、CSU製品への対応は有償での対応になります。

Q3: IP Addressやファイアーウォールの設定は誰に依頼すればいいでしょうか?
A3: Call Home設定は機器設置後に実施されておりますので、導入作業を実施した作業者の方へ確認いただくようお願いいたします。

Q4: Call Home設定変更を行わなかった場合、どのような問題が発生することが考えられますか?
A4: 通常使用されている状況において影響はございませんが、対象製品での障害自動通知機能、システムのソフトウェア、ハードウェアおよびオペレーティング システムの修正プログラムのダウンロードが利用不可となります。

ご不明な点等がございましたら、IBM技術員にご相談ください。

いいねと思ったらシェア
twitter
facebook
hatena
関連記事
IBM i サブスクリプション・ライセンスのFAQ公開
IBM i サブスクリプション・ライセンスのFAQ公開
<2024/3/27 更新>IBM i 関連の脆弱性情報
<2024/3/27 更新>IBM i 関連の脆弱性情報
IBM i 永続ライセンスの終了迫る
IBM i 永続ライセンスの終了迫る
あなたにオススメの連載
できるIBM i 温故知新編
7記事
できるIBM i 温故知新編
IBM i の”新”必須言語 〜FFRPG入門〜
14記事
IBM i の”新”必須言語 〜FFRPG入門〜
IBM i アプリの第二の柱 OSS
15記事
IBM i アプリの第二の柱 OSS
PAGE TOP