お役立ち記事
IBM iとWatson Analyticsの連携のススメ ~ケーススタディ2


前回の記事ではIBM iの情報活用を推進する上で効果的なWatson Analyticsの連携と、DB2 Web Queryの導入でビジネス分析が素早く・簡単に実行できることを紹介しました。

今回は、社内にExcelファイルが散在し、ユーザーやシステム管理者が抱えるレポート運用の課題を解消したビフォーアフターを紹介します。

ケース2:社内にExcelファイルが散在している

  • 専用ツールを導入するため、クライアントPCの管理が必要となる
  • WindowsやExcelバージョンに制約があり、バージョンアップや設定変更の際など手間がかかる
  • 保守料を見直したい
  • 専用サーバーが必要なため、管理が発生する
  • 夜間バッチでデータを同期するため、リアルタイム性がない   など

導入後の効果と価値:本格的BI環境を低価格で手軽に実現

  • 管理が簡単(ブラウザーのみ、IBM i 1台)
  • IBM i 1台のためリアルタイム性、堅牢性を確保
  • 多機能(OLAPやダッシュボード、メール配信もOK)
  • 困った時も安心(電話サポート付き)
  • 手軽なライセンス料金

ケース1、ケース3の記事はこちらからどうぞ。

 

動画でまるわかり!Watson Analyticsとの連携

早速Watson Analytics での分析を開始してみましょう。DB2 for i にETLしたデータをExcel/CSV形式で出力して、Watson Analyticsへのアップロード手順をわかりやすい動画でみることができます。

  1. DeveloperWorkbenchの導入
  2. MetaData取り込み
  3. Flow作成
  4. WatsonAnalytics連携_csvファイル取り込み

学んだ分析手法はDB2 Web Queryに反映できます。

Watson Analyticsでの分析結果はDB2 Web Query for i で同様にレポート可能、DB2 Web Query for i はオンプレミスで稼働し、リアルタイムのデータを表示できる。

 


この記事のあとにはこちらの記事もおススメです。

関連キーワード