お役立ち記事
はじめての「IBM DB2 Web Query for i」 機能概要と適用ケース


trend01_01
過去、多くの企業がQuery/400またはRPGの印刷ファイルを用い、レポートを作成してきました。その一例として、経営陣が売上と採算性における前年比を確認するためのレポートなどがあげられますが。その際に販売部門や製品群ごとの顧客グループや商品群の一覧表を作成することもあります。実はこういった標準的レポートを作成するにあたり、若干足りない機能がありした。それは、より詳細までドリルダウンする機能や元データを図示する機能などです。そのため、これまではやむなく、ビジネスアナリストが傾向を図やグラフで表現するために決算レポートとExcelシートを併用することで対応してきました。しかし、こうしたケースだと、まずExcelに情報をコピーしたり、場合によっては情報を再入力するという手間が生じていたのです。

今回紹介する、「DB2 Web Query for i」(以下DB2 Web Query)では、IBM i データベースから直接レポート、図、およびグラフを生成することが可能となりました。そのため、レポート作成にあたり上記のような不便さが解消されることになります。さらに、DB2 Web Queryは概要付きレポート、重要な指標のダッシュボード、エリア、品目、棒グラフ付きの傾向レポートに至るまで網羅し、提供しています。

IBM iを利用するユーザー企業は以前のQuery/400プログラム製品をDB2 Web Queryへリプレースすることが可能です。同様に、POWER Systemsのアップグレードでもリプレースが可能です。

ドラッグ&ドロップでレポート画面を設計できるように

Web QueryではDB2のデータを取得するために、バックエンドでSQLを、フロントエンドでは、ドラッグ&ドロップでレポート画面が設計できる機能を採用しています。そのためSQLの構文に関する知識がないユーザーでも簡単に使うことができます。単純にデータ要素をキャンバスにドラッグし、並べ替え、選択、順序付け、合計の指定という順番でステップを踏めば完了。あとはこのレポート生成ツールがSQLを作成し、リクエストを処理するので、ユーザーはブラウザに表示されるレポートをもとに分析業務に専念できます。

しかもこれはあくまで一例です。IBM i ユーザーは、日々おこなうレポート作成にあたって、Web Query利用勝手の良さを、さまざまな場面で実感できることでしょう。また、もう一点のポイントとして、レポート処理の実行時に対象者向けの出力方法を選択できるため、財務担当者向けのExcelファイルをエクスポートすることが可能となった点も見逃せません。

プログラム不要で分析作業が可能に

Web QueryはこれまでのQuery/400とは異なり、柔軟性に長けています。ひとたびデータベースオブジェクトがWeb Queryに表示されれば、エンドユーザーはIT担当者に作業を依頼することなくさまざまなレポートを作成できます。

データの取り扱いに関してもWeb Queryは優れた仕様を持っています。Query/400の時代は望むデータを表示するためにいくつものテーブルを結合(JOIN)する必要がありました。このJOINの複雑さやレポート作成者の技量によっては、時として間違った結果が表示されてしまうといったこともありました。
しかし、Web QueryではビジネスアナリストやDBAがJOINを事前に確立しておけるため、プログラムに詳しくないユーザーが利用する場合でも間違った結果が出力されることはありません。また、Web Queryでは実行時パラメーターが設定できるため、レポートの簡単さ、複雑さを問わずに、組織で必要とされるレポートの数そのものを削減することが可能です。ひとつのレポートでも、ユーザーの入力するパラメーター次第で様々なアウトプットを提供することができるのです。

経営陣向けの概要レポート、図、またはグラフも同様です。ただ作成できるだけでなく、さらに踏み込み、経営陣が選択する製品部品や顧客グループ、販売部門などのみを抽出したレポートも作成できるため、説得力のあるレポートを用意できるようになっています。

過去50年のデータ処理の歴史の中で活用され続けてきた“レポート”には、形式が連続用紙に印刷されたものから、A4サイズに印刷されたもの、はてはPDF形式で出力されたものであっても、実は不足している機能がありました。「携帯や移動の容易性」、「インタラクティブ性」、そして「判断の支援機能」の3点です。DB2 Web Queryはこの3つすべての点を解決することができます。

それでは、Web Queryがこれまでのテクノロジーと比べてどう優れているのか、3つの例をもとに見ていきましょう。

Active Reportsで営業力を向上する

出張が多い営業マンであれば、顧客との商談に向かう飛行機の搭乗中に顧客の情報を見られたら、と考えたことがあるのではないでしょうか。これまでは、PDFやエクセルシートを何枚かダウンロードし、ノートパソコンで閲覧する、くらいしか選択肢はありませんでした。しかし、Web Queryに組み込まれているActive Reportsでは、データはもちろん、そのデータを操作するためのインタラクティブ機能も組み込まれているため、PDFやエクセルシート経由ではなく、顧客情報を閲覧することが可能となります。

たとえば、営業マンがこれから訪問する顧客の主力10製品を確認し、売上高の時系列グラフを分析し、その顧客に送った商品の配達状況を確認できます。さらに、特定の製品や製品群ごとの注文を選択すると、そのデータから商談に必要な情報を取得でき、データを見直すことができます。もちろん、顧客との商談中でも、タブレットやノートパソコンを使って情報を共有できるため、営業活動の質の向上が見込めます。

経営陣の経営判断をサポートする

経営陣は自社の業績に関するさまざまなKPIをチェックし、経営判断をする必要に迫られています。そのチェックを強力にサポートするのが、DB2要約機能が組み込まれたWeb Queryのダッシュボード機能とドキュメント機能です。IT担当者はWeb Queryを利用し、毎朝更新される基幹業務データベースから取得した重要な指標のダッシュボードを作成できます。生成されるレポート、図、グラフ、数値を1ページに集約させることできる上、オンデマンドでのページ更新が可能です。このダッシュボードと夜間自動アップデート (または一日複数回のページ更新) の組み合わせで、数多の重要な指標に関する現在の状況および傾向の情報を迅速に提供できることになります。

工場のデータをリアルタイムに把握

製造業では大画面のディスプレイを工場の複数箇所に設置し、作業の処理量や指示の状況を逐一、現場のスタッフに伝達しています。Web Queryから出力するHTMLページは、3分ごとに自動更新されるため、常に変わり続ける重要な指標や作業状況をリアルタイムで把握することに貢献します。

DB2 Web Queryは強力かつ多様なスナップショット機能やトレンド把握のためのレポート機能を兼ね備えています。これらの機能は紙、ブラウザ、メールによる社内レポートから、タブレット、スマートフォン、ノートパソコン上でのオンライン/オフラインプレゼンまで、利用シーンを問わずあらゆる場面に対応できます。IBMが喧伝する「Write Once – Run Anywhere (一度書けば、どこででも実行できる)」がまさに体現されているのがこのDB2 Web Query for i なのです。飛行機に搭乗しながら営業関連の数字を自由に並べ替えて分析できる機能は、モバイルユーザーにとって大きなアドバンテージとなることでしょう。また、Mobile Faves AppにはDB2 Web Queryを実行するIBM i システムの情報を利用するために上記の機能が組み込まれており、カスタムアプリの構築は不要です。さしあたり必要なことは、Web Queryが認識できるデータベースを作り、レポート設計に着手すること、ただそれのみです。

ここまでお伝えしてきた機能の一部はStandard Edition (たいていのIBM iにはデフォルトで付属するExpressバージョンからの有料ライセンスアップグレード) の機能です。この高機能なツールであればコストを上回る投資対効果が見込めるに違いありません。また、その事実を証明するためにExpressバージョンを使ってレポート生成を試してみることも十分に価値があるのではないでしょうか。

<Web Queryの開始方法>

  • 1. 製品ライセンスが付与されいるかを確認する
  • 2. 最新のPTFが含まれたVersion 2にアップグレードする
  • 3. Web Queryで好きなテーブルを選んでメタデータを作成する
  • 4. レポートや図、グラフを書き出す

DB2 Web Queryはさまざまな機能でビジネスを強力に推進します。IBM iを利用しているけど、まだ使ったことがない、という方はこの機会にぜひトライしてみてください。

====================
本記事は「IBM Systems Magazine」の許諾のもと、原文を日本語化するとともに、一部再編集したものとなります。原文をご覧になりたい方は下記よりアクセスしてください。

原文タイトル: IBM DB2 Web Query for i: A Secret Weapon for Your Business
原文著者: Rick Flagler