お役立ち記事
Web Queryのアクティブレポートとは何か?


main_img
これまでに執筆した二つの記事で、Web Queryを紹介してきました。一つ目の記事では、以前の製品であるQuery/400と比較をしながら、Web Queryの機能概要について説明しました。前回の記事では、実際の開発方法について画面キャプチャを元に具体的なやり方まで解説しました。
続く今回は「アクティブレポート」についてイメージを交えながら説明をしていきます。

DB2 Web Query for i はレポート作成を便利にするためのツールと言えます。RPGのプログラムやQuery/400でレポートを作成するときのような手間がかからず、WYSIWYGベースのデザインツールを使ってドラッグ&ドロップするだけで、レポートを仕上げることができます。さらに、これらのレポートはこれまでのような専用の用紙に出力するよりも軽く、より多くの情報量を提供することができます。
IBMのDB2 Web Query for i はHTML、PDF、パワーポイントからDB2ファイル、印刷出力やエクセル文書に至るまで、様々なアウトプットフォーマットを持っています。アクティブレポートは、単にレポートを読むのではなくデータで作業をしたいと考えるビジネスアナリストにとって、特に役立つことでしょう。

アクティブレポートはデータの閲覧やフォーマット、そしてDB2 Web Queryデザイナーやインフォアシスト上でのデータ操作オプションができるだけでなく、データの並び替え、サブセット化、要約、再フォーマット、分析、表作成といった作業が手軽にできるオプションも追加されています。(図1参照。)

figure1

図1

アクティブレポートによって、ユーザーは一連のデータを抽出し、さらにそのデータを掘り下げるための作業ができるようになりました。アクティブレポートというのは、データをプログラム機能の集合体でカプセル化しているようなものだと捉えてみてください。レポートの作成者はメニューのチェックボックスによって、どの機能を有効にするか選ぶことができます。レポートが実行されるとき、列見出しにあるウィジェットが各レポートフィールドに対してのドロップダウンメニューを提供します。

IBMは、アクティブレポートの一部としていくつかのセキュリティ機能を提供してきました。まず、いくつかのビルトインの権限レベルがアクティブレポートのメニューに紐づいています。パワーユーザー(ほとんどの操作が可能)、アナリスト(いくつかの操作が可能)、ベーシック(操作が限られている)やカスタム(ユーザー固有の役割)といったものです。ユーザーは個別のレポートに対して、どの機能が利用できるかを管理することができ、また、ユーザーがファイルを開いたり実行したりする際にパスワードを入力させるようにするなど、アクセスコントロールも可能です。さらにレポート全体に閲覧有効期限をセットすることもできます。

これらの機能を検証し、またビジネスアナリストたちがデータを評価する際にこれらの機能をどのように使うべきかを紹介するために、IBMが提供するサンプルデータを使ってみることにしましょう。なぜそれを使うかというと、小規模ですが強固なデータセットだからです。もしこれまでの記事をご覧いただいている皆さんならば、DB2の参照整合性制約によってリンクされた「注文」「製品」「インベントリ」「店舗」の四つのテーブルを含むサンプルデータを覚えていらっしゃることでしょう。そしてこの参照整合性制約が、データを単一のセットに結合する動きを促すのです。

Web Queryインフォアシストデザイナーツールを起動し、CEN_Ordersデータを選択すると、ユーザーは関連されたデータソース内の全てのフィールドへのアクセス権を持ちます。複数の列をデザイナープレビューペインにドラッグでき、[format -> active report]を選択すると、現在の出力型式でアウトプットが実行される準備が完了します。インフォアシストでアクティブレポートの実行ボタンが押されると、図2のようなレポートレイアウトが展開されるでしょう。

figure2

図2

 

展開された表から、アクティブレポートが標準的なHTMLレポートと違うことが見てとれるでしょう。アクティブレポートはページ単位で表示するフォーマットを使用しており、ユーザーには現在見えているページと全体のページ数を表示するようにしています(備考:セットアップ時にユーザーは1ページあたりのレコード数の調節が可能)。ページのヘッダー部分にはコントロールウィジェットがあり、ページ間を移動できるようになっています。アクティブレポート上のそれぞれのフィールドは列名の右側に展開されるウィジェットを持っています。この列ウィジェットこそがアクティブレポートメニュー機能が実行される場所なのです。このウィジェットを押すことでメニューにアクセスすることができます(図3参照)。

figure3

図3

 

たとえば、もしこのデータ上でどの国が一番大きな利益をあげているかを調べたいとしたら、”Profit”フィールドにおいて集約メニューオプション使用して、”Country”を集約(グループ化)列として選択する必要があります。

「並び替え」「フィルター」などの最初のメニューを出現させるため、”Profit”列の右側のメニューウィジェットをクリックします。ここから、次のレベルのメニューに進むために[roll-up]を選択し、集約できるフィールドを一覧表示させます。”Country”フィールドを選択してみましょう。この指示により、アクティブレポートには国ごとの利益がまとめて集計され、元データの一番上に新しいウィンドウで集計情報が開き、その上部にメニューが表示されます(図4参照)。

figure4

図4

この新しい画面を詮索する前に、次の点に注意してみてください。図表化するウィジェットが一番上にあって、最初のレポートの利益フィールドによく似たドロップダウンのメニューウィジェットがこのレベルのフィールドでも利用できる点です。それだけでなく、データを用いて作業することやチャート表示させて見ることもでき、最初の画面に戻るためにその画面を閉じることも可能です。

その他にも、並び替えや集計、もしくはデータバーを追加することもできます。たとえば、”Profit”ウィジェットをクリックし、[sort descending -> calculate percent of total -> visualize]を選択すると、パーセンテージで再計算されたデータとデータバーを持った新しいビューが表示されます(図5参照)。

figure5

図5

暫定的に表示されたウィンドウ内のメニューを使用し、一番上にあるアイコンをクリックすることで、この集計画面を即座に図表に変換することができます。もし、国ごとの採算性を比較するために棒グラフを表示させたければ、縦棒がよいか横棒がよいかを判断し、そのアイコンをクリックするだけで望みのグラフを出力できます(図6参照)。円グラフに変更したければ、円グラフのアイコンをクリックすれば変換されます(図7参照)。

figure6

図6

figure7

図7

もし複数のフィールドや機能をピックアップして集約や図式化したいといったような、さらなる調整が必要な場合は図表/集約ツールを使うことで対応できます。アクティブレポートのフィールドメニューでこのオプションを使えば、手軽さという点では劣るかもしれませんが、十分な威力を発揮します。図表ツールのためにこのメニューオプションを使用して二つの追加数字フィールドを加えることで、より包括的なビジュアルが出力されます(図8参照)。どのアクティブレポートにおいても、マウスを図表に重ねると、棒グラフ、円グラフの切片内のデータ値の交点がハイライトされ、ユーザーが見ている値についてのより詳細な情報が表示されます(図9参照)。

figure8

図8

figure9

図9

もし元のレポートが使用したい部分よりも多くのデータを含んでいる場合は、フィルター機能が効果的です。アクティブレポートユーザーは様々な方法で単一もしくは複数の値に対して行を選択したり、省略することができ、ワイルドカードパターンも使用可能です。同じように、表示/非表示機能で列を減らすこともできます。複合的なフィールド選択によってデータを限定する機能により、ユーザーはサイズの大きなレポートやゼロインを、特定の部分集合として扱うことができるのです(例:第2四半期における製品カテゴリー、売上と利益)。

期間ごとの比較レポートを生成するには時間がかかるものですが、Web Queryはその負担を軽減できます。レポートに経年のデータを書き込むためには、日付、年、月を含んだデータで作業する必要があります。アクティブレポートにはピボットと呼ばれる便利な機能があり、1個の数字列または範囲フィールド、要約フィールドさらに拡散データと、ページを横断して選択できるようになります。これによってユーザーはたとえば四半期毎のデータ(図10参照)といったような要約された結果を瞬時に作成することができるのです。もちろん、ピボットというのは、単に時系列を描写するためだけの機能ではありません。たとえば、国と製品ごとに利益を集計するといった具合で(図11参照)、任意の二つのデータ値をグループ化することが可能です。

figure10

図10

figure11

図11

スタンダード版のDB2 Web Query for iを使うと、レポート作成者はレポートとスケジュールの両方を作ることができます。スケジュールはWQレポートブローカーというソフトウェア上で動作し、あらかじめ決められた時間と頻度で、自動的にレポートを指定場所に保存します。そのため、たとえば、毎週月曜日の朝に、CFO(最高財務責任者)がコーヒーをすすりながら評価指標を確認する、ということが可能になるのです。CFOはさらに分析を深くするために質問してくるかもしれませんけどね。

レポートブローカーのレポート保存先/送付先には、印刷、電子メール、Web Queryポータル内やIFSディレクトリへの保存、FTPサーバーのディレクトリやDB2ファイルへの送信、といったオプションが含まれます。スケジュールオブジェクトが生成されてアクティベートされると、結果レポートが設定されたスケジュールに従って、特定のフォーマットで配信されます。この機能のメリットはレポートが自動的に実行されて投稿されることでしょう。

電子メールによるレポート配信の場合、受信者はデスクトップパソコンでも、ラップトップでも、もしくはモバイル端末でも、どのデバイスでもファイルを閲覧できます。モバイルデバイス向けには、インフォメーションビルダーズ社提供の「Mobile Faves」というフリーアプリがiOSとAndoroidのアプリストアで入手可能です。このアプリを使えば、Web Queryから配信された電子メールの添付ファイルが開けるようになります。図12はiPadで開いた画面をスクリーンキャプチャしたものです。

figure12

図12

このように、Web Queryのアクティブレポートでは、多くの機能がカバーされるようになりました。メニューが許す限り、ユーザーは列を要約し、並び替え、フィルターをかけ、非表示や固定化したり、ページ単位でのスクロールや、様々な場所へのエクスポート、列のハイライト化、コメントを加えたり印刷できるようになりました。

利用するのがローカルのパワーユーザーだろうが、出張が多いエクゼクティブまたは営業職だろうが、情報を受信してレビューし、細かく分析する作業がラクになることに間違いありません。DB2 Web Query for iによってもたらされたこれらの恩恵は、業務遂行において情報入手が不可欠な人々のレポート作業を強力にサポートしていくことでしょう。

以上が、IBM DB2 Web Query for iのアクティブレポートの紹介になります。今後、別の記事ではメタデータの実力およびWeb Queryと地理の連携可能性などについて、掘り下げていく予定です。お楽しみに。

====================
本記事は「IBM Systems Magazine」の許諾のもと、原文を日本語化するとともに、一部再編集したものです。原文をご覧になりたい方は下記よりアクセスしてください。

原文タイトル: What is Web Query’s Active Reporting?
原文著者: Rick Flagler

関連キーワード