お役立ち記事
Web API

よみ:うぇぶ・えーぴーあい



web API(Application Programming Interface)とは、ウェブサービスの開発者が、他のウェブサービスが提供する機能を利用するための手段であり、効率的なウェブサービス開発を可能にする。
利用する際にはインターネットなどの通信ネットワークを通じて、提供者が定めた手続きに従い、HTTPなどの通信プロトコルを用いて必要な機能を呼び出すようにプログラミングする。送受信されるデータの形式はさまざまあるが、XMLやHTML、JSON、各種の画像ファイル形式などが多い。
ウェブ APIを利用することでウェブサービスの開発者は、公開・提供されている機能や情報を組み込むことが容易となる。また、検索エンジンや地図データベースなどの、便利で高機能なコンテンツを短期間・低コストで実装することが可能となる。情報提供側には機能や情報を活用してもらうことにより自社ウェブサービスを多くの人に知ってもらうことができるというメリットがあるほか、オープンデータのように公共財の観点から提供されるケースも多い。

関連キーワード