スペシャル
IBM i 7.3徹底解剖~ オープンソース対応、DB2機能強化と強固なセキュリティーでさらなる進化を遂げた新リリース

2016年8月23日


img_guidance02

ビジネス優先を貫く開発の伝統

IBM iが今なお高い評価を受け、お客様から支持を受け続けている理由、そこにはオフィスコンピューターの黎明期から進化を重ね続けた背景にある、ひとつの哲学ともいえるものが存在します。

「お客様のビジネスを支えることが最も重要であり、
お客様がテクノロジーに惑わされるのであればそれは本末転倒である」

ビジネス・アプリケーション・プラットフォームとしての在り方を追求し、自社のテクノロジーがお客様のビジネスに影響を与えることなく存在する、という点をこれまで重要視してきたがゆえのポリシーと言えます。

「データベースやセキュリティーなどのミドルウェア機能をOS内に組み組んだ統合型システム」
「テクノロジーに依存しないマシンインターフェイス(TIMI)で必要なアプリケーションを使い続けられる」
「高速で稼働するとともに運用負荷も小さい単一レベル記憶」

といったIBM iの根幹を成す特長としてこの哲学は反映されています。また、信頼性と安全性の高さもIBM iの大きな特長。オブジェクト指向をベースに、データ属性を考慮して動作するシステム設計や、信頼性の高い監査とコンプライアンスのツール群を有しているだけでなく、Microsoft Windows Serverや他社のUNIX オペレーティング環境よりも大幅に少ないセキュリティー勧告の数がその特長を裏付けています。

よりオープン化したIBM i7.3をリリース

2016年4月、IBMは満を持して最新バージョン「IBM i7.3」をリリースしました。

IBM iはAS/400時代から含めると長い歴史を誇り、その長い期間に渡る積み上げが安定的なシステムをより盤石なものへとすることに寄与してきました。一方で、「(5250のような)グリーンスクリーンに慣れない」「RPGを使えるプログラマーが減少しているor高齢化している」「IBM iはレガシーシステムだからほかのリソースと連携しにくい」など、歴史が長いゆえに生じている開発環境、状況に関する不安の声が多いのも事実です。しかし近年、IBM iは劇的な進化を遂げ、こうした不安視する声に率直に向き合い、IBM iの大きな改修を進めており、IBM i 7.3でもさまざま機能がリリースされました。

例えば、RPGのモダナイズ。IBM iの開発にあたり、RPGやCOBOLという言語習得はマストと言えるものでした。しかし、今やレガシーな言語とみなされることもあり、開発要員が限定される、という大きな問題がそこには横たわっていました。その問題を解決すべく生み出されたのがフリーフォームRPGと言われる、既存のRPGをベースとしながら、オープン系と似た構造となるRPG。JavaやCのようなスタイルで記述していけるため、オープン系の技術者はもちろんのこと、既存のRPG技術者であればスムーズに移行できることもあり、両者にとってメリットのある言語となっています。

さらに、オープンソースとの親和性を高めるライセンス・プログラム Open Source Technologies on IBM i により、Java、Python 2.7 Node.js 4.x などもサポート。加えて、Gitでのソース管理やEclipse Orionを使ったブラウザー・ベースでの開発も可能になるなど、オープン系技術者にとってなじみ深い開発環境での開発が可能となりました。

オープン化についての詳細は以下をご覧ください。
アプリケーション資産を継承しながらオープンソース対応が可能に進化したIBM i開発環境

データ活用をさらにスピーディーに DB2の新機能

DB2もまたひとつ進化しました。履歴データを活用し、未来のビジネスへの知見や情報を入手することを目的として、「テンポラル表」を新たにサポート。この機能により、時間に基づく情報がデータに関連づけされるので、たとえば3年前のデータを知りたいときなどに、いちいちバックアップデータを復元し、クエリーを使って呼び起こすようなことをせず、アクセスするだけで参照できるようになりました。

DB2の主な機能拡張としてはこのほか、ビルトインの「OLAP(OnLine Analytical Processing)」が挙げられます。OLAP機能により、昇順・降順といった並び替えや、集約関数、相関係数、分散や中央値などといった集計・計算を、ほかのプラットフォームを使わずに、直接IBM i上で扱うことができるようになりました。これによりスピーディーなデータ解析が可能になり、次のビジネスにつながる新たな洞察を、すばやく得ることができます。

DB2 for iについての詳細は以下をご覧ください。
データの活用・分析をよりスピーディーにビックデータ時代のビジネスに貢献するDB2 for i の機能拡張

安定稼働を支える機能もさらに充実

セキュリティー面では「Authority Collection」という機能が追加されました。ビジネスにおいて利用されるデータやアプリケーションは今日、多種多様であり、システム管理者による判断だけでユーザーの権限設定をすることはなかなか難しい状況にあります。Authority Collectionを利用して権限情報を収集・分析することで、データアクセスに関する権限を、ユーザーに対して的確に付与することができます。これによりユーザーに過剰な権限を持たせないよう予防できるため、セキュリティー管理の向上が見込めます。

システム管理面ではこのほか、IBM i を管理するための主要タスクを実行できる、「IBM Navigator for i (Web コンソール・インターフェース)」の機能拡張を行い、ブラウザ上でリアルタイムにシステム・パフォーマンスの監視ができるようにしました。閾値を超えた場合は、メールなどでアラートを送ることができるため、サーバーに張り付く必要がなくなります。さらに、パフォーマンスのデータは、「ヒストリカルデータ」という形で、最大50年分の履歴が保存可能。ヒストリカルデータは、「どのアプリケーションが、いつどういった時に」リソースを利用しているかが可視化できるため、時系列でのリソース分配を考えるときなどに役立てることができます。

セキュリティや安定稼働に関する機能についての詳細は以下をご覧ください。
権限設定を支援する「Authority Collection」をはじめセキュリティ・レベルを向上させる機能が充実

IBM iはこれからも末永く

IBM iの開発予定としては、最新のIBM i7.3に続き、「IBM i next」「IBM i next+1」と計画されています。つまり、これからも末永く、ご利用いただけるようIBMは引き続き開発を進めています。

また、IBM iは、テクノロジー・リフレッシュとして、年2回の機能拡張を実施しています。機能拡張が終了し、安定版となってからも、PTF(Program Temporary Fix)やバグの修正など、安定稼働のためのサポートは引き続き実施していくため、システム面でのバグによるビジネスの停滞といった事態に見舞われることなく、安心して利用していくことができます。

また、IBM iでは引き続き実装していくべき新機能についての検討を進めています。実装される新機能の検討フェーズでは世界中のIBM iユーザーの声を元にしているため、追加される機能も現場目線に立ったものとなる可能性が高いと思われます。ユーザーの声を参照しながら機能強化を進めているIBM i、今後もユーザーのビジネスを力強く加速させるような発展を遂げていくに違いありません。

※IBM i7.3に対応するハードウェアは、Power Systems モデルのPOWER8、POWER7+プロセッサー搭載機となりますので、この点はご注意ください。


この記事のあとにはこちらの記事もおススメです。

関連キーワード