LaserVault UBD | IBM i 総合情報サイト

LaserVault UBD


三和コムテック株式会社

働き方改革 組織の生産性向上
経営基盤強化・リスク対策 バックアップ・災害対策
業務プロセス改革 コスト最適化
売上向上施策 既存顧客のケア
対応業種
クロスインダストリー
稼働環境
Power i

詳細情報

概要

テープバックアップに代わるD2Dバックアップソリューション

テープバックアップで悩みの種…

大量のテープ媒体の管理運用
「テープ交換作業、媒体コスト、保管場所、テープ劣化…」
バックアップ所要時間の対応
「いま以上保管データが増えたら、業務開始に間に合わない…」

そんな悩みを解決します!

LaserVault UBDは、テープ機器と保管媒体をひとつに統合した高速バックアップ IBM i 向けテープバックアップ代替アプライアンスソリューションです。

  • テープ機器と保管媒体をひとつに統合、バックアップ業務に関わる手間を削減
  • テープ掛替作業は不要、媒体の保管場所も不要、保管媒体の劣化なし
  • FC(ファイバー・チャネル)接続による高速バックアップ
  • バックアップデータの保管をテープ保管から、DISK保管へ

特徴

  • 保管装置と保管媒体がひとつになったアプライアンス・ソリューション
  • バックアップデータをUBD内蔵DISK、もしくはUBDに接続された外部ストレージに保管、テープ媒体は不要
  • IBM i とFC(ファイバー・チャネル)接続でバックアップ、外部ストレージと組み合わせた構成も可能
  • IBM i はUBDをテープデバイスとして認識、通常のテープ装置と同じように使用可能

機能

  • 既存テープ機器の代替ソリューション、保管/復元コマンドは従来のIBM i のコマンドをそのまま利用、CLプログラムなどによるスケジュール運用も対応
  • FC接続による高速なバックアップ
  • 既存保管媒体からのUBDへのデータ複製可能、保管データの一元管理
  • IBM i システムバックアップ、OSのスクラッチが可能

動作環境

  • LaserVault UBDアプライアンス機器情報
  • ラックマウント型(2U)・100V電源
  • FC接続が必要(IBMi にFCインターフェースカードが必要)
  • IBMi:IBMi 5.4以降

※IBMi V5.3より以前のバージョンについてはご相談ください。

参考価格

  • 別途お問い合わせ
Copyright © IGUAZU