LaserVault Backup | IBM i 総合情報サイト

LaserVault Backup


三和コムテック株式会社

働き方改革 組織の生産性向上
経営基盤強化・リスク対策 バックアップ・災害対策
業務プロセス改革 コスト最適化
売上向上施策 既存顧客のケア
対応業種
クロスインダストリー
稼働環境
IBM i

詳細情報

 

概要

テープバックアップに代わるD2Dバックアップソリューション

IBM i のファイルのバックアップをPCのディスク上に取得する、極めて安価な高速バックアップソリューション。テープハンドリングが不要になりバックアップオペレーションの自動化を実現します。SAVLIB, SAVOBJコマンドが有効なデータであれば、全てがバックアップ対象です。

  • IBM i のファイルのバックアップをPCのディスク上に取得するため、極めて安価にしかも高速にバックアップ可能
  • テープハンドリングが不要になりバックアップオペレーションの自動化を実現、SAVLIB,SAVOBJコマンドによりバックアップを取得可能な全てのデータに対応
  • IBM i のコマンドからでも、PCからでも操作可能
  • J-SOXで要求される暗号化を実行しバックアップ可能
  • 極めて高い圧縮技術により、1/5から1/20にデータを圧縮してバックアップ可能(対象のオブジェクトやデータ内容により圧縮率は変動します)
  • 途中にワークファイルをIBM i 上に作成することなく、そのままPCにバックアップを作成するため、IBM i に新たなディスク装置は不要

特徴

  • テープのかけかえオペレーションが不要。また、メディア費用も削減
  • テープバックアップは、i-oエラー発生の確率が高く、ディスクの方がはるかに高い信頼性でバックアップを実現
  • バックアップの世代管理が可能
  • 暗号化しながらバックアップを実行
  • データを圧縮化してバックアップを作成(暗号化と圧縮化を同時実行も可能)
  • PCディスク上のバックアップデータを、DVDなどの媒体やクライアントPCにコピーすることも可能で、ポータビリティが格段に向上
  • データ圧縮されているので、遠隔地でのバックアップも可能

機能

  • SAVLIB, SAVOBJコマンドによりバックアップ取得可能な全てのIBM i のデータをPCのディスク上に取得(ユーザーライブラリ、システムライブラリ、IFS、DLO等)
  • IBM i のシステムライブラリのバックアップをDVDとしても取得可能
  • 高い圧縮率でデータをPC上に保管
  • 別フォルダ、別マシンへのデータのセカンドコピーも可能
  • メール通知機能により、保管結果の確認・ディスク容量管理も容易に実現
機能の詳細
  • IBM i上のファイルやオブジェクトのバックアップをPCディスク上に作成
  • PC上のバックアップからIBM i への復元
  • SAVLIB,RSTLIB,SAVOBJ,RSTOBJ コマンドをサポート
  • バックアップの世代管理
  • データの圧縮、暗号化およびその双方でのバックアップ作成および復元
  • バックアップデータを他システムに転送(MT to MTコピーの概念)

動作環境

IBM i 側 : IBM i V5.4以降
PC側 : Windows Server 2012 R2※V5R4M0より以前のバージョンをお使いのお客様でも、個別にご対応させていただきます。

参考価格

  • 別途お問い合わせ
Copyright © IGUAZU