プログラム資産 文書化ツール
プログラム解析・資産の見える化 REVERSE COMET i


REVERSE COMET i 概要

システム改修時の影響調査漏れが起因となるトラブルの未然防止!

属人化したプログラム管理・システムメンテ作業の見える化・標準化!

システム全体の調査作業が飛躍的に向上、手戻り調査のリスクを低減!

システムのドキュメント精度が向上、仕様書整備にかかるワークロードが飛躍的に向上!

お客様の課題例

  • 影響範囲の見落としによるシステム障害
  • 特定の人でないと分からない属人化
  • アプリケーション保守費用の負担が大きい
  • ドキュメント作成・維持に工数・時間がかかる

解決できること

  • トラブルの未然防止
  • 属人化からの脱却
  • ドキュメントの維持管理

導入事例

導入背景

  • システムの改修を行いたいが、仕様書が古く、最新のプログラムとあっていない。
  • さらに、システム全体の内容を熟知した社員が不在で、障害発生時の改修点・変更点の把握が困難。

導入前の課題

  • 当初のシステム構築した担当者が退職、また仕様書が古く、システムの内容を理解している社員もいないため、影響分析に工数と時間がかかっていた。

選定のポイント

  • システム全体の影響分析が容易に可能でトラブルの未然防止が可能
  • システムの内容を常に最新の状態で可視化する事で仕様の共有と社員の教育に活用出来る

導入後の効果

システム障害が大幅に減少し、アプリケーション変更による保守作業にかかる工数を75%削減

ブラックボックス化していたシステムの構造が簡単に理解できるようになった

REVERSE COMET iへのお問い合わせはこちら
※ NCS&A株式会社のサイトへ移動します。

お問い合わせはこちら