運用負荷軽減
運用負担軽減(バックアップ) Laser Vault Backup


Laser Vault Backup 概要

メディア交換不要・世代管理自動化(運用負担軽減・データセンター費用削減)

システムバックアップ、DVD作成、DVDブートが可能!

セキュリティ向上(暗号化・媒体持ち出し不可)

災害対策(遠隔保管)

お客様の課題例

  • 旧規格のテープ媒体供給の減少
  • テープ交換運用の負担軽減
  • データセンター委託のバックアップ費用軽減
  • リカバリ手順の簡素化・緊急時の復旧時間短縮

解決できること

  • テープ規格に関係なくバックアップが可能
  • バックアップ時のテープ交換負担なし
  • システムバックアップのDVD作成・ブートによるレストア手順の簡素化・早期復旧

導入事例

導入背景

  • 日次バックアップテープを1カ月ごとに棚へ保管、変化するバックアップ対象への対応など、運用効率化に関わる懸案があった
  • 震災をきっかけにシステムをどう守るのかを真剣に検討

導入前の課題

  • バックアップテープ保管作業の手間
  • 障害時・災害時のリストア不安(バックアップテープの耐久性・安全性・バックアップ対象の整合性)

選定のポイント

  • スケジュール化で半自動化できるため担当者の運用負担が減少する
  • バックアップ時間が短縮される
  • 遠隔保管でBCP対策になる
  • 試用版により事前にパフォーマンス検証ができた

導入後の効果

テープ装置不要、メディア不要、交換負担不要、メディア管理不要で運用負担が大幅に削減

リカバリ時の復旧時間時間が大幅に短縮(シミュレーション時)が可能になった

Laser Vault Backupシリーズの詳細な情報はこちらから

詳細はこちら(三和コムテック株式会社)