運用負荷軽減
複数サーバー統合監視 Integrated Viewer for ZABBIX


Integrated Viewer for ZABBIX 概要

Open系サーバーとIBM i サーバーの稼働状況・エラーログを一元管理!

OSが通知するアラートを漏れなく監視し、システムダウンを未然防止!

オープンソースのZabbixを正式サポートし低コストで導入が可能!

エージェントレスでネットワーク機器を一括監視!

お客様の課題例

  • オープン系サーバとIBM iを一元監視したい。
  • 運用コストを抑えたい。
  • Zabbixに正式な保守サポートがほしい。
  • 商用監視ツールで構築した、今の運用を変えずに、運用のコストダウンをしたい。
  • 費用の掛る商用監視ツールをリプレースしたい。

解決できること

  • オープン系サーバとIBM iの一元監視が可能。
  • Zabbixの正式な保守サポートの提供。
  • 既存環境(大手の商用監視ツール)との共存・連携、又はリプレースによるコストダウン

導入事例

導入背景

  • 監視対象が分散されており、システム環境の複雑化から監視の負担が増大していた。
  • 低コストかつ統合的に監視したかった。

導入前の課題

  • IAサーバやネットワーク機器で、突然システム障害が発生することがあるため、事前にアラートなどで通知したい。

選定のポイント

  • さまざまな機器が混在するマルチベンダー環境を低コストかつ統合的に運用管理、監視できる
  • リアルタイムに担当者にアラート通知が届く
  • IBM iと監視情報を連携できる

導入後の効果

稼働状況を常時、死活監視できるようになった

仮想環境と物理サーバのリソース不足を監視できるようになった

障害発生時、リアルタイムに通知を受け取れ、初期対応が改善

ロケーションに関係なく一元管理することができた

Integrated Viewer for ZABBIXへのお問い合わせはこちら
※ 株式会社ヴィンクスのサイトへ移動します。

お問い合わせはこちら