内部統制
プログラム資産バージョン管理 IMPLEMENTER


IMPLEMENTER 概要

開発管理の可視化・効率化を実現!

バージョン管理・本番移行作業を簡素化・自動化することで人的トラブルを未然に防止!

変更管理の標準化により属人化防止!

内部統制対策の負担削減!

IBM i 標準に則った操作性で違和感なく利用可能!

証跡レポートの出力・分析が可能!

お客様の課題例

  • 内部統制、システム監査の運用に負担がかかる。
  • 変更管理のルールが徹底できず属人化している。
  • 本番移行作業に時間がかかる。ミスが生じる。

解決できること

  • プログラムの変更作業負担を軽減
  • 標準化により、属人化の解消
  • 作業負担の軽減、自動化による人的ミスの防止

導入事例

導入背景

  • アプリケーション統制文書と開発アプリケーション変更履歴の完全性をシステム的に評価するツールを検討

導入前の課題

  • プログラム変更管理の標準化
  • 本番リリース時の移行ミス
  • 変更履歴の目視チェックによる膨大な工数
  • 管理の効率化(証跡つくり)

選定のポイント

  • 5250エミュレータで管理可能
  • IBM iに導入するため、専用サーバー不要
  • 移行後の個別権限設定の自動化(特殊コマンド)

導入後の効果

管理コストの削減

プログラム開発の見える化

担当者間での並行開発の連携

プログラム移行漏れの防止

IMPLEMENTERへのお問い合わせはこちら
※ キヤノンITソリューションズ株式会社のサイトへ移動します。

お問い合わせはこちら