データ活用
データ抽出・レポーティング i-EQBOX


i-EQBOX 概要

IBM®Power Systems™からExcelワークシートへデータダウンロードが即座に可能!

VBAマクロを自動生成→お客様作業の効率化をご支援!

お客様作成のExcelワークシート上のレイアウトとのマージが可能!

使い慣れた “QUERY処理” ライクな操作性を実現!

お客様の課題例

  • IBM i からデータを抽出してExcelで帳票を作りたい。
  • 数種類の帳票をボタンひとつで全て印刷したい。
  • 5250画面でのQUERY処理に代わるツールを探している。

解決できること

  • エンドユーザーでも、IBM i のデータを参照してExcel帳票を作成できる。
  • マクロ(VBA)の利用にて、Excel帳票出力の自動実行が実現できる。
  • Excelワークシートから “QUERY処理” ライクな操作でデータ抽出できる。

導入事例

導入クライアントについて

設備・機器卸売業

資本金:約4,000万円

従業員数:40名

導入背景

AS/400からWindows Serverへ移行したが、現場との追加カスタマイズの調整に疲れ果ててしまい、結果としてPower720へ回帰した。

導入前の課題

  • 追加カスタマイズへの迅速な対応
  • データ二重入力等の、余計な作業の解消

選定のポイント

  • エンドユーザー自身で基幹システムのデータを抽出したExcelシートが作成できる。
  • 別途に作成したExcelワークシートと合成できるため、要望に適う帳票を作成できる。

導入後の効果

現場担当者が自身でExcel帳票を作成できるようになったことで、現場だけでなく、システム部門も本来の仕事に取り組むことが出来るようになった。

i-EQBOXへのお問い合わせはこちら
※ 株式会社カワイビジネスソフトウェアのサイトへ移動します。

お問い合わせはこちら