事業継続
事業継続(災害対策) Hybrid SYNC i


Hybrid SYNC i 概要

障害・災害発生時のシステムダウンタイムを最小限に抑える!

安価に冗長化構成が可能!

IFS、スプールデータ、ユーザープロフィールや権限の同期も可能!

ユーザーデータはライブラリの登録のみで簡単!

お客様の課題例

  • システム停止による事業リスクが高い
  • 安価に冗長化構成を行いたい

解決できること

  • 予期しないシステム停止による業務への影響を最小化(ビジネスリスク軽減)
  • 災害時の企業のダメージを最小限に抑制
  • BCP対策で社会的イメージ向上、サプライチェーンの安定供給

導入事例

導入クライアントについて

業種: 自治体8市町村

導入背景

  • 自治体クラウドのモデルケースとして8市町村をクラウドで提供
  • サーバーの集中化によるリスクを最小限に抑える必要があった

導入前の課題

  • データデンターが利用不可になった場合に関係するすべての自治体業務がストップ

選定のポイント

  • 目的の要件が満たせ、安価に構築できる
  • データ容量が多い環境もリアルタイムで同期するため、通信のトラフィックが少ない
  • メーカーの柔軟なサポート

導入後の効果

データセンターの停止時にもローカルで窓口業務が実施できる

BCP対策で安心した業務稼働と災時への準備が可能になった

社会的信頼が向上

Hybrid SYNC iシリーズの詳細な情報はこちらから

詳細はこちら(株式会社ヴィンクス)