セキュリティ強化
セキュリティ強化 Hybrid SECURITY


Hybrid SECURITY 概要

IBM i へのアクセス制御・監視し 不正を未然に防止

アクセスログ管理・操作履歴管理

重要なデータベースに対するアクセスを重点的に監視し、情報漏洩防止

お客様の課題例

  • IBM i で個人情報を管理しており、細かいセキュリティ設定が必要
  • アクセスログの解析に時間がかかる
  • 外部からのアクセス制限や重要なデータベースへの細かいアクセス制御が必要

解決できること

  • ユーザー毎のアクセス件数制限や時間帯制限、改ざんや漏洩を未然に防止
  • アクセス状況やデータ操作状況のリアルタイム通知で問題発生の危険性を軽減

導入事例

導入クライアントについて

業種: 高度医療機器の販売及びメンテナンス

資本金:約121億円

従業員数:540名

導入背景

  • アクセス状況やデータ操作状況のリアルタイム通知で問題発生の危険性を軽減
  • 情報漏洩対策の強化で内部統制を検討

導入前の課題

  • 基幹システムへのアクセスやファイル・データ閲覧が誰でも簡単に行えていた
  • アクセスしたユーザー、データを取り出したユーザーのログ情報管理が煩雑

選定のポイント

  • 安価にセキュリティ管理・ログ監視ができる
  • 同社別製品のメッセージ管理やリソース管理との連携が容易で、一貫した運用管理が行える

導入後の効果

ファイル・データへのアクセス制御をユーザー

アクセスログを常時監視し、情報漏洩を未然に防ぐことができる。

Hybrid SECURITYシリーズの詳細な情報はこちらから

詳細はこちら(株式会社ヴィンクス)