IBM WebSphere Application Server | IBM i 総合情報サイト

IBM WebSphere Application Server


日本アイ・ビー・エム株式会社

働き方改革 ---
経営基盤強化・リスク対策 ---
業務プロセス改革 業務効率化
売上向上施策 ---
対応業種
クロスインダストリー
稼働環境
IBM i , Linux , Windows , Cloud

詳細情報

概要

エンタープライズ向け Java サーバー・ランタイム環境を構築

IBM WebSphere Application Serverは、オンプレミス、パブリック・クラウド、プライベート・クラウド、ハイブリッド・クラウドのいずれの環境でも利用できる、柔軟で安全なJava EE 7の認定を受けたランタイムを提供します。

特徴

  • Javaの業界標準仕様に対応した国内外で最も高いシェアを持つアプリケーションサーバー
  • 用途に応じて、迅速な開発に適した軽量ランタイムから大規模な基幹業務向けのランタイムまでをカバー

機能

  • オンプレミス、オフプレミス、あるいは両方で、ダイナミックなクラウド・アプリケーションとWebアプリケーションの構築、実行、統合、保護、管理を行う高速で高性能なJavaアプリケーション・サーバーです。
  • スピードと柔軟性を実現するように設計されており、オープン・スタンダードのプログラミング・モデルの選択肢も提供して、開発者の生産性を最大限に高めます。
  • 複数のアプリケーション・サーバー・インスタンスにわたるWeb階層型クラスタリングや、最大25台のサーバーのIHSロード・バランシングが可能となるほか、Java Messenger Serviceやその他の機能も使用できます。

構成イメージ

下記をご参照ください。

動作環境

IBM i 7.4, AIX 7.2, Windows Server 2016, Linux, Solaris, HP-UX など。
詳細は Software Product Compatibility Reports でご確認いただけます。

参考価格

  • 基本額(税別) ¥5,694 月額/1仮想プロセッサー・コア

各種前提条件により変わりますので詳細はお問い合わせください。

事例紹介

下記をご参照ください。IBM WebSphere Application Server お客様導入事例

Copyright © IGUAZU