IMPLEMENTER | IBM i 総合情報サイト

IMPLEMENTER


キヤノンITソリューションズ株式会社

働き方改革 組織の生産性向上
経営基盤強化・リスク対策 IT資産管理とインフラ強化
業務プロセス改革 業務効率化
売上向上施策 ---
対応業種
クロスインダストリー
稼働環境
IBM i

詳細情報

概要

IMPREMENTERは、アプリケーションプログラムの変更管理をより最適に行うための開発支援ツールです。変更管理を標準化することで属人化を排除するとともに、作業の効率化・可視化の実現するためにお役立てください。

特徴

環境分離

既存アプリケーションライブラリーを開発環境、検証環境及び本番環境として設定し、各環境の役割を明確にします。

  • 開発環境→ソースの編集用
  • 検証環境→ソースの編集不可、本番移行前の最終検証用
  • 本番環境→メンバー、オブジェクトのマスタ

証跡管理

メンバーのアクション(メンバーステータス、移行履歴、メンバーバックアップ履歴など)を自動的に記録します。
自動化することで人手を介さず、信憑性のある証跡データを蓄積します。
過去の履歴参照が容易になります。

職務分掌

ユーザー単位に操作制御やアプリケーションへのソース編集制御を設定します。ロールに応じた制御をすることで、より保全性の高い変更管理を行います。

自動化

本番移行処理(複数本番区画への一括送信、コンパイル、メンバーバックアップなど)を自動化できます。
さらに、自社独自の運用ルールをプログラム化し、『特殊コマンド』に組み込むことで自動実行することができます。

機能

証跡参照画面

内部統制対応の証跡管理として利用できます。過去に遡り「いつ」、「誰が」:ユーザーID、「なぜ」:プロジェクト、「何を」:プログラムを移行したのか参照することができます。管理番号単位での参照はもちろんのこと、プログラム単位での参照もできます。

開発専用画面

担当者がプログラムの変更作業、移行作業等を行うための画面です。当画面には変更中のプログラム含め、物理ファイル、論理ファイルなど全て表示されます。また、フィルター機能を利用することで、条件に合致するメンバーを照会することができます。
・ 何を変更しているのか
・ 誰が変更していて、現在どんな状況なのか
などを可視化します。

ワークフロー連携(Web Plant/Integrityなど)

IMPLEMENTERは変更管理の下流工程(プログラム改修~本番移行)を管理するツールです。上流工程(ユーザー部門起票~)からの管理を実現するためにワークフローと連携することで変更管理をトータル的に運用しています。

証跡情報の利用(Web照会/レポート出力など)

IMPLEMENTER標準機能として、証跡の照会は5250エミュレータからのみです。いつでもどこでも証跡情報が確認できるように、IMPLEMENTERに蓄積される証跡情報をWebで照会しています。
夜間バッチ処理終了後に、その日に本番移行されたプログラムを一覧でレポート出力して、翌朝チェックしています。

オープン系ファイル(java/Cなど)も含め一元管理

変更管理ツール(ワークフロー、承認、証跡)としてIntegrityを利用します。全体的なワークフローはIntegrityで管理できます。下流工程(プログラム改修~本番移行)でオープン系のアプリケーション変更時にはIntegrityを、IBM i系のアプリケーション変更時にはMPLEMENTERを利用しています。

構成イメージ

動作環境

OS
IBM i OS V5.4以上 最新OS V7.3にも対応 注1) OSV6R1の場合、以下のPTFGroupを適用
・SF99610 Level 11256もしくはそれ以降のLevel
・SF99601 Level 24もしくはそれ以降のLevel
注2) OSV7R1かつSQLテーブルを使用する場合、以下のPTFを適用
・SI39150
セッション(エミュレータ)
ホストコードページ CCSID
930:日本語英数カナ拡張 - 5026
939:日本語英数小文字拡張 - 1399/5035
制限事項
管理対象はRPG、COBOL、DSPF、CLPなどのソースファイルで管理される メンバー及びオブジェクト※CaseTool(LANSA、AS/SET、AllFusion 2E[Cool2E]、PeopleSoft Worlds[JDEdward])やIFSは管理対象外

参考価格

  • 3,213,000円~
Copyright © IGUAZU