FALCON 5250 for iPad | IBM i 総合情報サイト

FALCON 5250 for iPad


株式会社インターコム

働き方改革 組織の生産性向上
経営基盤強化・リスク対策 IT資産管理とインフラ強化
業務プロセス改革 業務効率化
売上向上施策 ---
対応業種
クロスインダストリー
稼働環境
IBM i

詳細情報

概要

「FALCON 5250 for iPad シリーズ」は、IBM i(AS/400)とiPad端末を接続するクライアントiPad導入型の5250系端末エミュレーターです。IBM純正品「Client Access(クライアントアクセス)」と高い互換性を持ち、基幹業務に必要な機能をタブレット(iPad)で使用できます。
接続形態は「TN5250接続(Telnet)」に対応しています。端末エミュレーターの基本機能に加え、「ホットスポット」や「仮想キーボード」といった機能を搭載しています。

特徴

パソコンより可搬性が高いiPadならではの主な3つの利用シーン

(1)メーカー、販社営業の在庫確認端末として
外出中の営業から現在庫を確認する端末として、ご利用いただいております。
在庫を確認後、必要に応じて受注入力もできます。(従来は、電話で事務担当者へ依頼)
(2)システム担当者の夜間メンテナンス用として
夜間や休日のバッチ処理が正しく実行されているかどうか、自宅などの外部から確認できるためシステム担当者の負荷を軽減できます。
(3)倉庫内業務の専用端末として利用
Bluetooth対応のハンディターミナルと連携して、バーコードの読み取りから入荷や出荷物の確認・処理まで、iPadのタッチパネル上から手軽に行うことができます。

iPadなら起動が早く、その場ですぐ入力できます。Windowsパソコンの起動時間で、入力が完了することでしょう。

機能

コードページ対応

以下のコードページに対応しています。

930(日本語英数カナ)
930(日本語英数カナ拡張)
931(日本語英数小文字)
939(日本語英数小文字拡張)
037(米国/英語)
500(各国共通/英語)

画面サイズ

24×80、27×132の画面表示に対応しています。

マクロ

あらかじめ登録しておいたキー操作(テキストとホストキーの組み合わせ)を実行することで、ホスト操作を自動化することができます。

ファンクションキーパッド/ホストキーパッド/テンキーパッド/半角英数カナキーパッド

iPadの標準ソフトウェアキーボードとは別に、本商品独自のソフトウェアキーボードをご用意しています。

・PFキー/SYSRQキー/ATTNキー/実行キーといった5250固有のホストキーパッド
・半角の英数カナキーパッド
・テンキーパッド

SSL通信

SSL暗号化通信によるセキュアなホストアクセスに対応しています。

画面ハードコピー

ホストアクセス画面のスクリーンキャプチャを保存します。例えばホストの伝票画面を表示してスクリーンキャプチャを保存し、それをプリントアウトすることで伝票の印刷物として代用することができます。

Bluetooth対応(キーボード/バーコードスキャナー)

エミュレーター上での文字入力操作をBluetoothキーボードから行うことができます。(文字キー/カーソルキー/Tabキー/Backspaceキー/Enterキーが使用可能)
また、Bluetooth対応バーコードスキャナーと連携した入力操作にも対応しています。

構成イメージ

動作環境

端末
iPad(iOS 12/11/10/9)
接続形態
TN5250接続(Telnet)
対応ホスト
IBM Power Systems(IBM i)/System i/iSeries/AS/400
対応言語
日本語/英語
通信回線
3G/LTE/Wi-Fi
その他
IBM拡張漢字対応
インターネット接続環境が必要(コーポレイトエディションのみ)

参考価格

  • 個別見積もり
Copyright © IGUAZU