Toolbox for UST | IBM i 総合情報サイト

Toolbox for UST


ネオアクシス株式会社

働き方改革 組織の生産性向上
経営基盤強化・リスク対策 IT資産管理とインフラ強化
業務プロセス改革 業務効率化、コスト最適化、管理業務負荷の軽減・RPA
売上向上施策 ---
対応業種
クロスインダストリー
稼働環境
IBM i

詳細情報

概要

Toolbox for USTは、IBM i 本体のV.24回線を使用することなく、JCA手順、全銀ベーシック手順、全銀TCP/IPの通信を行うことができる製品です。
IBM i の機種を選ばず、UST経由で多回線のV.24通信構成が可能です。
V.24の同期通信アダプターの販売終了の対策としてご利用いただけます。
※USTはセイコーソリューションズ株式会社の登録商標です。

特徴

IBMiとUSTの間はWAN経由で接続できますので、サーバー統合やデータセンターの利用等により、システムが遠隔地に移動する場合でも、モデムを拠点に残すことが可能です。
また、災害対策での通信環境の2重化も可能です。セイコーソリューションズ社製 プロトコルコンバータ USTには同期モデム、TAや非同期モデム、TAを内蔵することが可能で、シンプルな機器構成が可能です。

機能

これまでのToolboxインターフェース(通信定義設定、コマンド発行による実行等)をそのままにV.24回線を外部に移設できます。
ユーザーアプリケーションを変更することなく外部通信環境を構築できます。
既存のToolbox同様、IBM i 上で一括して構成管理、運用管理が可能です。
HW、SWともに保守契約があり、安心してご利用いただけます。既存のToolboxと共存が可能なため、Toolbox for UST用のコマンド、メッセージIDをご用意しています。また、既存の通信定義がある場合は、コピーして流用も可能です。このようなお客様におすすめです。

  • V.24の同期通信アダプターの販売終了で IBM i にV24のインターフェイスが用意できない。
  • IBMi以前のシステムから現在の IBM i にシステムを更改する場合に収容できる通信回線数の減少により、より大きなシステムに変更する必要がある。
  • システムをBladeCenter搭載タイプモデルに変更したいが、通信回線が接続できないために変更できない。
  • 複数拠点のシステムを統合したいが、通信回線はそのまま各拠点で運用したい。
  • クラウドサービスを利用したいが、サービス会社で通信回線のサポートがない。
  • 通信回線をIBMiの外部に移設したいが、Windows、LinuxなどのEDIシステムの管理はしたくない。
  • 現在使用されているEDIシステムの障害対応に不便を感じている。
  • 通信機器が保守切れ、販売中止などでEDIシステムに不安がある。

構成イメージ

動作環境

IBM i サーバー環境
対応OS
  • IBM i 6.1 以降

※Toolbox for System i5 /Toolbox for IBM i (保守契約が必要です)

USTハードウェア、通信機器
UST
セイコーソリューションズ社製 プロトコルコンバータ UST の以下の機種

  • SC-8239
  • SC-8259
  • SC-8279

※同期モデム、TAや非同期モデム、TAを内蔵機種もあり

通信機器
  • 同期モデム、同期ターミナルアダプター(JCA手順、全銀BSC)
  • 非同期モデム、非同期ターミナルアダプター(全銀TCP/IP)
通信環境
TCP/IP

参考価格

初年度保守付 LPAR毎ライセンス
  • 1,100,000円
Copyright © IGUAZU