REVERSE PLANET | IBM i 総合情報サイト

REVERSE PLANET


NCS&A株式会社

働き方改革 組織の生産性向上
経営基盤強化・リスク対策 IT資産管理とインフラ強化
業務プロセス改革 業務効率化、コスト最適化
売上向上施策 既存顧客のケア
対応業種
クロスインダストリー
稼働環境
IBM i , Linux , Windows

詳細情報

概要

システム部門が取り組むシステムの改修の中には、対応時期を遅らせることができない法制度対応(新元号対応、消費税率対応など)などがあります。
システム部門は、このような対応の際のシステム全体に対する影響調査を、担当者に依存せず、迅速、かつ正確に行うことを求められています。REVERSE PLANETとは、従来手作業で行っていた現行システムの把握を、機械的に解析することによって、様々な角度からシステム構造の分析や修正に伴う影響範囲の調査をデータ項目レベルまで可能にしたツールです。
例えば、開発保守効率の向上のために標準化を図りたいとき「システム資産がブラックボックス化してわからない」「特定の担当者に依存(属人化)している」「ドキュメントが陳腐化している」「内部統制への対応を行いたい」といった課題を解決します。

特徴

  • 調査スキルの標準化により保守要員のローテーションが可能となります
  • 調査結果をダイレクトにドキュメント化できるため、メンテナンス負荷が軽減されます

機能

構造分析機能

  • システム/サブシステムの括りからジョブ、プログラム、モジュール、データ項目までの構造をトップダウンの観点で解析できます。
  • 調査の目的に合わせた機能により、簡単な操作でグラフィカルに最新のプログラム構造やデータレイアウトが照会できます。
  • 新たな参画メンバーもシステム熟練者も同等なレベルで調査ができます。

影響分析機能

  • 影響分析機能により、アプリケーション修正による影響範囲を正確、網羅的に且つ効率的に把握することができます。
  • データ項目の設定、更新、参照などのロジック分析機能と、データ項目の日本語辞書機能により、新たな参画メンバーもシステム熟練者も同等なレベルで調査ができます。

動作環境

稼働環境
解析環境

参考価格

  • 要相談

事例紹介

下記ページの事例をご覧ください。

Copyright © IGUAZU