GoAnywhere MFT | IBM i 総合情報サイト

GoAnywhere MFT


株式会社ソルパック

働き方改革 長時間労働の是正、残業抑制組織の生産性向上
経営基盤強化・リスク対策 ---
業務プロセス改革 業務効率化、コスト最適化、管理業務負荷の軽減・RPA
売上向上施策 営業力・販売力強化、既存顧客のケア
対応業種
クロスインダストリー
稼働環境
IBM i

詳細情報

概要

GoAnywhere MFTは組織内のすべてのファイル転送を単一のインターフェースで管理するエンタープライズレベルソリューションです。豊富なセキュリティコントロールと詳細な監査証跡により、GoAnywhere MFTは組織のデータプライバシー規制、PCI-DSS準拠に役立ちます。
この画期的なソリューションはサーバ間のファイル転送を自動化、個人間のファイル共有、コラボレーションを単純化します。

特徴

  • ファイル転送やデータ連携を1ライセンス(1サーバー)で管理可能!
  • 複雑な転送要件にも幅広く対応!
  • 転送定義の実行まで、たったの3ステップ!

機能

豊富な接続性

  • FTPサーバー
  • データベースサーバー
  • HTTPSサーバー
  • SSHサーバー(SFTP/SCP/SH)
  • Amazon S3バケット など

積極的に機能拡張を行っており、現在は23のサーバーに接続可能。
また、接続先が増えた場合でも追加ライセンスは不要。

高度な柔軟性

自動化
  • スケジューラー
  • フォルダ監視
  • 既存アプリケーションとの連携
セキュリティ
  • ファイル転送の保護
  • ファイルの暗号化
データ変換
  • 一般的なファイル形式の読み取り/書き込み
  • データベース接続

容易な操作性

■ Step1 接続設定
サーバー接続設定を事前定義。データベースへの接続はJDBCドライバを使用。
ウィザードを使用し、JDBC URLを自動生成およびカスタマイズも可能。
■ Step2 フロー定義の作成
上記で定義した接続設定をもとに、データ連携のフロー定義を作成。
ドラッグ&ドロップで容易に作成可能。
■ Step3 実行管理
スケジューラーやモニター機能を使用して、用途に合わせて実行設定が可能。
また、ローカルリモートシステムからコマンドを使用して実行可能。

構成イメージ

動作環境

Windows(32bit/64bit)
OS
Windows Server 2008 R2, Windows Server 2012, Windows Server 2016 ,Windows 7/8/10
空きディスク容量
150MB以上
メモリ
256MB以上
Linux(32bit/64bit)
空きディスク容量
150MB以上
メモリ
256MB以上
IBM i(iSeries)
OS
V7R1以上
空きディスク容量
100MB以上
メモリ
256MB以上
Java RE
1.7以上
AIX, HP-UX, Solaris, Mac OS X, UNIX
空きディスク容量
100MB以上
メモリ
256MB以上
Java RE
1.7以上
仮想化環境

参考価格

  • 個別見積もり
Copyright © IGUAZU