IBM Power Systems Virtual Server | IBM i 総合情報サイト

IBM Power Systems Virtual Server


日本アイ・ビー・エム株式会社

働き方改革 ---
経営基盤強化・リスク対策 バックアップ・災害対策
業務プロセス改革 ---
売上向上施策 ---
対応業種
クロスインダストリー
稼働環境
Cloud

概要

IBM Power Systems Virtual Server on IBM Cloud(以後、PVS)は、AIX、IBM i 、Linuxを仮想サーバー単位でご利用可能な従量課金制IaaSソリューションです。

特徴

オープンテクノロジーを基本に構成されたIBMクラウドのIaaS型ソリューション。世界中のDC間をつなぐグローバルネットワークを無償でご利用頂けます。IBMが提供するIaaSソリューションで、IBM i 、AIXまたはLinuxのLPAR環境を提供。シェア型、占有型を選択可能。国内では東京DCにてサービス提供中。大阪DCも近日中にオープンします。

機能

  • AIX/IBM i/Linux のPowerVMベースのLPARワークロードをクラウドでご利用いただけます。
  • 他の仮想サーバーと同様にOSの構築まではIBM Cloudが行います。
  • マルチテナント環境のため、ユーザーはHMCやVIOSへアクセスすることはできません。
  • SLAは通常のIBM CloudのSLAに従います。
  • SAPの認定も取得済みです。
データセンター ダラス(DAL13), ワシントン D.C.(WDC04), トロント(TOR01), フランクフルト(FRA04、FRA05), ロンドン(LON04, LON06), シドニー(SYD04), 東京(TOK04), サンパウロ(SAO01), モントリオール(MON01)
システム ウロ(SAO01), モントリオール(MON01) システムE880(9119-MHE) ※DAL13やWDC04にしかない。
S922(9009-22A)
E980(9080-M9S) ※新しいDCにはある。DAL13やWDC04にはない。
CPU 例:London DCで選択可能なスペック
S922:0.25-14 cores
E980:0.25-143 cores
プロセッサー Dedicated / Uncapped Shared / Capped Shared 選択可能
メモリ 例:London DCで選択可能なスペック
8-64GB(S922)
8GB-16TB(E980)
ストレージ・タイプ Tier 1(NVMe-based flash storage):10 IOPS/GB
Tier 3(SSD flash storage):3 IOPS/GB
ストレージ容量 1ボリュームあたり 10GB-2TB(複数ボリューム利用可能)
ネットワーク Public(option), Private
OS AIX(7.1, 7.2):IBM Cloud提供
IBM i(7.2, 7.3, 7.4):IBM Cloud提供
RHEL/SLES/CentOS: BYOLによるImage持ち込みのみ利用可能

構成イメージ

ネットワーク構成

  • IBM Power Systems Virtual Serverは、IBM Cloud(x86)上のリソースとは独立に管理されています。
  • Public NetworkとPrivate Networkという2種類のネットワークインターフェースを利用することができます。

動作環境

IBM Cloudで提供されているPower Systems環境

2020年7月状況 GA 済み
サーバー機種
  • E880(POWER8)
  • S922, E980(POWER9)
OS
(AIX/IBM i はCloudカタログ提供)
  • AIX(7.1,7.2)
  • IBM i(7.2, 7.3, 7.4) *1

* Linux はお客様持ち込みイメージ(OVA format)を利用可能

Storage Flash, SSD, HDD 選択可能
SW
  • IBM i Cloud Storage Solution
  • IBM i Power HA
  • Rational Dev Studio to IBM i
  • お客様持ち込みSWは、SWごとの提供条件に従ってお客様自身でご用意いただく
提供DC
  • ダラス, ワシントンDC
  • フランクフルト
  • ロンドン、トロント

* 日本のDCでも今後提供予定(東京、大阪)

※選択できるサーバー機種/Storageは利用するDCによって異なります。

*1:IBM i 関連の提供ソフトウェアについては、「IBM i ライセンス・プログラム製品(LPP)およびオペレーティング・システム(OS)のフィーチャーのバンドル」参照
https://cloud.ibm.com/docs/infrastructure/power-iaas?topic=power-iaas-ibmi-lpps&locale=ja

参考価格

各種前提条件により変わりますので、下記または弊社営業担当までお問い合わせください。
株式会社イグアス ソリューション事業 クラウド・ソフトウェア営業部
Eメール:swiguazu@i-guazu.co.jp

事例紹介

短期間でのソフトウェア開発・検証環境として。またはサーバーの災対環境をPVS(クラウド)に移行しBCP対策として導入。

Copyright © IGUAZU