You and i – モダナイゼーションのアプローチ:IBM i 次世代アプリとは | IBM i 総合情報サイト

You and i – モダナイゼーションのアプローチ:IBM i 次世代アプリとは


You and i – モダナイゼーションのアプローチ:IBM i 次世代アプリとは

04/14/2022

この2年間、IBMは “IBM i Next Gen Apps” と名付けられた戦略を伝え始めています。IBM iチーフ・アーキテクトSteve Willによる解説をお届けします。

IBM i 戦略の最初の礎石は、ソリューション開発者が成功するために必要なあらゆるものを提供することです。私たちがサービスを提供するソリューション開発者には、独立系ソフトウェアベンダー (ISV) と、特定の顧客のためにソフトウェアを作成するプログラミングチーム:例えばその顧客の従業員であったり、または外注業者やコンサルタントなどが含まれます。

IBM i上で動作するソフトウェアを持っている何千ものISVのうち、その多くはその統合機能、および最新の開発言語とプロセスのサポートを利用しており、これらのISVは市場で十分に競争できる最新のソフトウェアを生産しています。実際、ISVソフトウェアとIBM iの組み合わせが必要なことをすべて行ってくれるため、自社のプログラミングスタッフを必要としないIBM iユーザーも多く存在します。

それでも、ソフトウェアを開発・カスタマイズしている顧客は数万社に上り、その多くはモダンなRPG、オープンソース言語、サービスベースのアーキテクチャ、DevOpsアプローチなどを活用しています。

モダナイゼーションの必要性

しかし、多くの人がこれらのステップを踏んでいるにもかかわらず、そうでない人も多くいます。何年もの間、「モダナイゼーション」はIBM i市場における最重要事項の1つでした。これはIBM iを扱ったことのある人なら誰でも分かることで、IBM iエコシステム内のさまざまなモダナイゼーション・ベンダーやコンサルタントが行っている健全なビジネスによって実証されており、2022年のHelpSystems調査によっても毎年記録されています(結果の一部を視覚化した図1を参照ください)。


▲図1. 2022年 HelpSystems調査から判明したIT計画に関する上位の懸念事項

どんなモダナイゼーションが起こっているのか?

モダナイゼーションを行うために、ただ立ち止まっているお客様や、ISVに依存しているお客様もいらっしゃると思いますが、過去数年の間に大規模なモダナイゼーション・プロジェクトを行ったお客様や、現在行っているお客様も同じくらい多くいらっしゃいます。

では、彼らはどんな事をしているのでしょうか。実にさまざまです。

IDCがRocket Softwareに代わって行った、IBM ZおよびIBM iのモダナイゼーションの利点に関する優れた調査からのグラフをここに掲載します(図2参照)[1] これを見てから、いくつかの点を指摘しましょう。


▲図2. IBM ZおよびIBM iの近代化のメリットに関するRocket Softwareの委託によるIDCの調査結果

私がクライアントと仕事をするときに頻繁に目にすることを、実際のデータで裏付けることができるのは素晴らしいことです。その中から、次に紹介するトピック、すなわち「IBM i 次世代アプリケーション」に関連するものを3つ紹介します。

  1. モダナイゼーションとは、主要で重要な業務処理をIBM iに残しながら、最新技術の価値を付加するものです! これは極めて重要なことです。IBM i上にとどまることは、IBM iから移行するよりも普遍的に有益であり(これはIDCの調査データによっても示されています)、より安定し、より少ないリスクで、より少ないコストとなります。
  2. モダナイゼーションはユーザー・インターフェースの改修を含むかもしれませんが、それが唯一のプロジェクトではないことは確かで、最も一般的なものでもありません。 つまり、もしあなたのビジネスがデータ(分析)、センサーとロボット(IoT)、またはAPI/サービス/クラウドで何か最新のことをする必要があるなら、同じことをしている他の多くのIBM iユーザーがいるのです。そういったプロジェクトを行うことで、彼らは将来に向けて組織におけるIBM iアプリケーションの価値を確固たるものにしているのです。
  3. ほとんどのIBM i モダナイゼーション・プロジェクトは、複数の側面を持ち合わせています。従来のRPG/SQL/COBOL/JavaワークフローにIoTデバイスを組み込む場合、おそらくIBM i上でオープンソースも使用することになります。なぜなら、これらのデバイスは、IBM i上で簡単に動作するオープンソフトウェアによって稼働するケースが多いからです。もし、インターフェイスのWeb化やモバイル化を進めているのであれば、Web/クラウドサービスやDb2データの分析によるデータの可視化も視野に入れていることでしょう。

なるほど、モダナイゼーションは進んでいるのですね。しかし、それはここのところずっと続いている課題であり、そこで当然の疑問として、”なぜ?”ということがあります。なぜモダナイゼーションがいまだに必要なのでしょうか?

その質問には2つの基本的な答えがあります。

  1. モダナイゼーションは継続的な活動であり、旅であって、一つの目的地を持つ一つの作業ではない。
  2. いくつかのアプリケーションやそれを使用する組織の中には、古い技術に縛られているものがあります。このような企業においては、ビジネスには本当に近代的なテクノロジーを採用する必要があるにもかかわらず、価値と実行可能性を兼ね備えた近代化への道筋が見えにくくなっています。

あなたが置かれている状況が上記のいずれの場合であっても、次に気になるのは “どのように進めるべきか “でしょう。

この2年間で、私たちは “IBM i Next Gen Apps” と名付けた戦略とアプローチの発信を開始しました。それを最もよく説明するために、「モダン」なアプリケーションの属性と、それを開発するための「モダン」なアプローチを整理してみます。

IBM i Next Gen Apps: その属性

IBM i Next Genアプリケーションとは:

  1. ビジネスニーズに迅速に対応する – 典型的には、DevOpsアプローチ、CI/CD(手法とツール、およびアジャイル開発プロセス)を使用する。
    • 開発者がこの属性を獲得するのに役立つツールは数多くあり、そのプロセスについて書かれた文章も無数にあるように見えます。しかし、高いレベルで取り組まれている課題は次のとおりです。:ビジネスニーズは頻繁に変化するため、最新のアプリケーション開発者は、新しいビジネス要件を認識し、価値ある答えを素早く本番に持ち込む必要があります。
  2. プロセスおよびデータをカプセル化し、ビジネスのための資産を作成する – 典型的には、モジュラー・プログラムまたは単純なSQLプログラムを作成し、サービスとしてそれらをラッピングする
    • 繰り返しになりますが、これを達成するための多くのアプローチが存在し、一部はIBM i OS自体や、それと共に開発されてきたRationalツールに含まれています。このアイデアは、長い間教えられてきたモジュール性の価値の延長であり、「クラウドのような」方法で消費され、時には課金されるサービスやAPIを提供するという現代の価値で強化されています。
  3. 特にソリューションで使用されるプログラミング言語において、「目的に最も適した」技術を使用し、融合させる。
    • これは、RPG、COBOL、SQL、C/C++、Javaなどの伝統的な言語と、JavaScript、PHPなどのオープンな言語を組み合わせて、アプリケーションスイートの一部を開発する際に用いられます。前者はビジネス・トランザクションを実現するために作られた言語が多いため、その目的に最も適しており、後者はモダンなユーザー・インターフェースやサービスを念頭に置いて設計された言語群です。しかし、「ブレンド」する必要があるのは、プログラミング言語だけではありません。開発・配備のプロセスやツールも同様にブレンドする必要がある場合が多いのです。
  4. 新しい技術を容易に取り入れることができる。たとえその技術が “自家製 “でなくても。
    • これは、多くの電算室にとって、マインドセットの変更が必要です。クラウドサービスは企業の内外に存在し、ビジネス要件を満たすことをより容易にすることができます。さらに、10年以上前に予想されたような移植やコーディングの努力なしに、IBM iにシームレスに実装できるオープンソース・コードのライブラリが存在しています。

「IBM i Next Gen Apps」のアプローチについては、この2年間で何度もお話ししてきましたが、次のようなイメージでまとめています(図3)。


▲図3. 「IBM i Next Gen Apps」のアプローチを可視化したもの

IBM i Next Gen Appの属性は、すべてを一度に達成する必要はありません。実際、注力すべき属性を1つ選択することから始めるのがよい場合が多いのですが、そうしているうちに、他の属性も念頭に置いて、複数の属性を考慮することで相乗効果(とビジネス価値)を見出せる可能性が高くなります。

このアプローチは、「ステップバイステップで、これに従えばすべてが簡単になる」というテンプレートではないことを、私たちは理解しています。しかし、多くのお客様やISVのモダナイゼーションやデジタルトランスフォーメーションのプロジェクトで見てきた経験から、どのようなモダナイゼーション・プロジェクトであっても、全体像を把握し、戦略的にアプローチすれば、最も成功すると強く信じています。

「IBM i Next Gen Apps」アプローチは、モダナイゼーションを検討する唯一の方法というわけではありませんが、十分な根拠があり、多くのツール、ベンダー、およびプロジェクトで成功したアプローチを説明する抽象的なものであると考えています。

また、非常に重要なことですが、我々は今後も継続的にこのアプローチをさらによいものにするようサポートする予定です。ご期待ください。

それまでお元気で、そして大いなることを成し遂げましょう!


注釈

[1] このグラフが含まれていたレポートは、悲しいことに、もう見つけることができません。”The Quantified Business Benefits of Modernizing IBM Z and IBM i to Spur Innovation “と題された、良いレポートです。もしRocket SoftwareまたはIDCの誰かがこれを読んでいて、このレポートの責任者であるならば、素晴らしい仕事です! そして、それを再び利用できるようにする方法があるかどうか考えるために、私に連絡してください。

Copyright © IGUAZU