「iてく勝手連」@ iEVO 2021 IBM i 技術関連動画が公開されました! | IBM i 総合情報サイト

「iてく勝手連」@ iEVO 2021 IBM i 技術関連動画が公開されました!


「iてく勝手連」@ iEVO 2021 IBM i 技術関連動画が公開されました!

株式会社イグアスは2021年10月19日(火)から29日(金)までの10日間にわたり、IBM iの技術情報並びに最新ソリューションが一望できるデジタルイベント「iEVO 2021」を開催いたしました。

「iEVO」では初日から3日間のLIVEセッションの他、展示会場ではレガシー資産をDXでフル活用するソリューションをご紹介するミニシアターや資料公開、技術情報など昨年を上回る出展54社、57コンテンツを通じて、日本全国のユーザー様に最新の活きた情報をお届けしました。

この中で今年初の試みとして IBM i の技術情報を動画でお届けする「iてく勝手連」というコーナーを新設いたしました。
これはiSUC/NEXT無き現在、”ここに来ればIBM i の役立つ情報が得られる”場の減少を懸念しての新たな試みとして、会社間のしがらみなく皆さんから情報発信いただきたいという思いを込め”勝手連”と名付け、広くIBM i の技術動画を募集しました。
結果、募集からわずか1か月ほどで、IBM i エンドユーザー、ソリューションベンダー、販売店SEからIBMのテクニカルメンバーまで幅広く「IBM iを愛するメンバー」14名が集結し、IBM i の技術小ネタを持ち寄りました。

その内容も、最新のDB2 Web Query 2.3、IBM i でUNICODEを使ってみようといった王道の機能紹介から、KintoneやLINEと連携してみるといった新しい取り組み、さらには、「OSのメッセージをメール送信する方法」や「ラズパイでACSを動かしてみた」、とか「IBM iとKintoneを連携させた部材引き渡しシステム構築」など自社のIBM i 運用にすぐに役立ちそうな事例紹介など多岐にわたる動画が集まりました。
またPower Virtual Serverの登場も影響してか、仮想テープの機能検証や「PowerVSからiCOSでバックアップを作成する」といった「脱テープ」の取り組みを紹介する動画が複数集まったのもトレンドを表していると言えるかもしれません。

ここで14本の勝手連動画のうち、イベント期間中に視聴数が多かった人気TOP3をご紹介します。

第1位

「IBM i 装飾印刷とPDF化」(GuriChannel出張版) by ぐり

ご自身のYouTubeチャンネル「GuriChannnel」
https://www.youtube.com/channel/UCXXqyqBk5spc4L95gJj-OGA)」でも有名な
ぐりさんからのGuriChannel出張版「IBM i 装飾印刷とPDF化」が、イベント全体の
コンテンツ視聴数の中でもTOP10に食い込む大健闘!
今回は「すぐに役立つIBM i の小技」として

  • 標準機能で日本語PDFを作成
  • 動的な画面罫線/印刷罫線の利用
  • AFPで多彩な印刷(バーコード、任意の太さの罫線、その他)

を紹介いただきました。

第2位

「LINEからIBM i のデータを照会する方法」 by マッスル千曲

第2位に輝いたのは、マッスル千曲さんによるLINEとIBM iを連携する方法の動画
でした。多くの方にとって非常に身近な「LINEアプリ」からIBM i のデータが参照でき
たら、業務の幅が大きく広がりそうですね!DXもこんな身近な取り組みから広がっていくのではないでしょうか?皆さんの「こんなことができるんだ!」という期待を背負っての視聴数第二位でした。

第3位

「IBM i サービス入門」 by gomAnomalocaris

第3位はgomAnomalocarisさんによる「IBM i サービス入門」でした。IBM i を外部からサービスとして利用する機能として昨今大きな注目を集める「IBM i サービス」について、ユースケースも交えて初めての人にもわかりやすく解説した動画として人気を集めました。
(ちなみにHNのAnomalocarisとは、約5億年前の古生代カンブリア紀の海に生息した節足動物(ラディオドンタ類(アノマロカリス類))のことだとか・・・。ご興味のある方はググってみてください。)

上位3本の動画はいずれも、「IBM i で何か新しいことをやってみたい」、特に2位3位の
動画は外部とつなげてIBM i をもっと活用していきたいという熱意を持った方々から大い
に支持されたのではと、IBM iの未来の展開が楽しみになる結果になったのではないでしょ
うか?
この上位3本の動画投稿者の方には後日記念品をお送りいたします。
おめでとうございました!

さて、この「iてく勝手連」ですが、「iEVO 2021」終了後も引き続きYouTubeで視聴することができるようになっております。
iてく勝手連 プレイリスト
今後とも定期的に「iてく勝手連」動画募集を行い、内容を充実させていきたいと考えておりますので、どうぞ引き続きご注目ください!

Copyright © IGUAZU